AIが来場者の顔を特定、多人数でも体温をリアルタイムで同時計測 サカエメディアが「FeverCheck」のレンタル業務を開始

株式会社サカエ商工のメディア事業部(以下、サカエメディア)は、エクサ株式会社、株式会社イルージョンとともに株式会社IHI検査計測が開発した異常体温スクリーニングのための「FeverCheck」のレンタル業務を開始したことを発表した。

FeverCheckはカメラ内に映った複数人の体表面温情報をPCにリアルタイムで表示。異常体表面温度者は自動的に表示、音で通知する。測定距離は2〜3m。


AIにより人間の顔を正確に特定し、対象者の体表面温度のみ計測

監視イメージ


FeverCheckの特徴

1. 非接触:接触による感染リスクを回避するため、非接触で体表面温度を測定。
2. リアルタイム通知:リアルタイムに測定し、オペレータの負荷を低減。異常体表面温度者を音と画面で知らせる。
3. AI顔認識:AIにより人間の顔を正確に特定し、対象者の体表面温度のみ計測。
4. 多人数同時測定:複数人を同時に測定することが可能。
5. トレーサビリティ:測定者のログデータから、測定結果の追跡が可能。

レンタルではスタッフが搬入、設置、管理、撤去すべて行うため、導入する企業は電源とスペースを用意するだけでFeverCheckの設置と運用が可能になる。スタッフは多くの来場者を迎えるコンサートなどでの技術業務を多数行っているため、来場者への対応、安全性も考慮し業務を行えるという。


「FeverCheck」想定使用場所
ビルのエントランス、百貨店・ショッピングモール、工場・倉庫、データセンター、ホテル、医療機関、公共施設、学校、幼稚園、劇場、映画館、テーマパーク、一般企業、株主総会、コンサート、イベント、各種試験会場等

サカエメディアはこれまで映像制作とエンターテインメントシステムの開発、運用を行ってきた。今回の新型コロナウイルス「COVID-19」の問題に直面し、演出面のサポートだけではなく、感染症拡大防止、安全安心の向上につながるシステムの提供を行うことで、エンターテインメント業界の早期復旧に努めたいと考え、IHI検査計測が開発した異常体温スクリーニングのための「FeverCheck」をエンターテインメント映像のプロフェッショナルであるエクサ、イルージョンと協力し、円滑な運用、すぐにレンタルできる体制を構築した。

同社は次のようにコメントしている。

今回の感染症に関して影響を受けられた方々には、深くお見舞いを申し上げます。

当社含め3社がこの業務を開始するにあたっては、本業務がいかに早く「不要な業務」となることを望んでいます。この業務が社会で不要になるということは、人々が制限なく、監視もされず、自由に活動しているということを意味し、人が集まるシーンでは以前の笑顔を取り戻しているということです。

私ども3社スタッフ一同のみならず、エンターテインメント業界全体の願いと考えています。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム