コロナ禍のステイホームで動画配信の人気作はなに?「鬼滅の刃」「愛の不時着」Amazonプライム・ビデオが動画配信人気をけん引

エンタテイメント業界に向けたマーケティングデータ分析及びデジタルマーケティングサービスを提供しているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ)は2020年6月13日~15日、新型コロナウイルス流行下でのエンタテイメント消費行動に関する調査の第4回(回答者数3,872人)を実施。その中から、動画配信サービスの利用に関する結果を同年6月29日に発表した。
これによると、コロナ禍に視聴された動画配信サービスコンテンツのうち、『鬼滅の刃』が圧倒的な支持を集めて人気1位を獲得。 「Netflix」では『愛の不時着』などオリジナルコンテンツが人気を集めた。また、 動画配信サービス新規加入率1位は「Amazonプライム・ビデオ」で、 継続意向も1位となる他、利用者の9割が「継続する」と回答している。



『鬼滅の刃』が圧倒的な支持を集めて人気1位を獲得

新型コロナウイルスが感染拡大した今年3月以降、動画配信サービスで観ておもしろかった作品は『鬼滅の刃』が圧倒的な支持を集めて総合1位となった。2位以下は、「ワイルド・スピード」シリーズ、「名探偵コナン」シリーズ、『キングダム』が続く。
サービス別に見ると、『鬼滅の刃』は「Amazonプライム・ビデオ」「Hulu」「U-NEXT」「dアニメストア」「ABEMAプレミアム」の5サービスで1位を獲得した。

動画配信サービス 人気コンテンツランキング(総合)※動画配信サービス利用者1551名の回答から作成




「Netflix」では『愛の不時着』などオリジナルコンテンツが人気

「Netflix」では『愛の不時着』が最も支持を集めた。「Netflix」では、3位の『鬼滅の刃』以外は『ARASHI’s Diary -Voyage-』『テラスハウス』『梨泰院クラス』とオリジナルコンテンツが上位を占めており、コンテンツ力の強さが伺える。『愛の不時着』は総合でも5位にランクインした。


動画配信サービス 人気コンテンツランキング(サービス別)※動画配信サービス利用者1551名の回答から作成




動画配信サービス新規加入率1位は「Amazonプライム・ビデオ」

現在有料で利用している動画配信サービスは、「Amazonプライム・ビデオ」が24%と圧倒的な利用率で1位。 2位「Netflix」、3位「Hulu」と続く。新型コロナウイルスの流行により外出の自粛意識が高まった今年3月以降の新規加入率も 「Amazonプライム・ビデオ」が4%で最も高く、「Netflix」「Hulu」が続く。

加入時期別 有料利用している動画配信サービス




「Amazonプライム・ビデオ」は継続意向も1位

現在利用者の継続意向が最も高いのも「Amazonプライム・ビデオ」で、9割が継続を希望している。「買い物もするし、音楽も定額で聞くことができる」「コスパがよい」といった理由が挙げられた。2番目に継続意向が高い「Netflix」では「オリジナル作品が好き」といった理由が目立った。「ABEMAプレミアム」「U-NEXT」は継続意向が低く、その理由として「月額料金が高い」という声が見られた。


また、有料利用している動画配信サービスの継続意向について、各サービス共通で「観なくなった」や「観る時間がなくなった」等が解約を決めている/検討している理由として挙げられており、外出の自粛が緩和されつつある中で視聴時間が減っていることが推測でき、同社は、外出自粛期間に増えた利用者が、今後どの程度利用を継続するのか動向に注目したいと述べている。

▼ 調査概要
【調査方法】インターネットアンケート
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【調査実施日】2020年6月13日(土)~15日(月)
【回答者数】3,872人
【数値重みづけ】総務省発表の人口統計、弊社実施調査を参考に回答者を性年代・映画鑑賞頻度別に重みづけ
関連サイト
GEM Partners株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム