学研「大人の科学マガジン」テオ・ヤンセン氏のミニビースト全4種を限定発売!展示会限定キットを今夏限りのネット販売

ロボットに興味がある人なら、風を受けて海岸を歩く巨大な仕掛けビーストの映像を見て、心が魅かれた経験があるかもしれない。

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研プラスは、テオ・ヤンセン氏が生み出したストランドビーストのミニチュアキットシリーズ全4種と図録3種の計7種を「ショップ学研+」にて、2020年9月30日(水)までの期間限定で発売することを同年7月22日に発表した。

■【動画】theo jansen UMINAMI 2018

現在までに「ふろく」化されたビーストは3点。キットは小学生でも簡単に組み立てられるため、展示会のワークショップは子どもたちに大人気だ。発売後即完売するため、書店等での入手は困難だったが、国内外で開催されるテオ・ヤンセン展では、展示会Ver.(「大人の科学マガジン」が付かないキットのみ)を販売してきた。今年も7月からの夏休みに兵庫県立美術館で「テオ・ヤンセン展」が予定されていたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止が決定。そこで、展示会を想像しながら少しでも体験気分を味わえるように、兵庫会場で予定していたキット4点(「ふろく」化されていない1点をプラス)をインターネットで販売することとなった。

【テオ・ヤンセンを驚嘆させた「大人の科学マガジン」】
プラスチックのチュ−ブで組まれた骨格が、風をはらみ、砂浜を生き物のように歩き回る奇妙で感動的な光景。最大のもので全長約13m。デルフト工科大学で物理を学んだオランダのアーティスト、テオ・ヤンセンが創り出した構造物はストランドビースト(砂浜の生命体)と名付けられ、この“風を食べて生きる人工生命体”が集う「テオ・ヤンセン展」は世界中を熱狂させてきた。ヨーロッパでは「現代のダ・ヴィンチ」と称せられるテオ・ヤンセンだが、そんな彼をも驚嘆させたのが「大人の科学マガジン」だ。リアルな科学キットを「ふろく」化する日本の科学雑誌が2011年に制作した「ミニビースト」は、全長わずか20cmほどの体躯でストランドビーストのオリジナル機構を完璧に再現。テオ・ヤンセンを大いに満足させた。




展示会に行った気分になれる、開催期間限定の特別販売

今回、特設サイトで販売されるキットは、ふろくとして展開された「テオ・ヤンセンのミニビースト」「テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス」「テオ・ヤンセン式 二足歩行ロボット」と、展示会での販売品であった「テオ・ヤンセンのウミナミ」だ。その他、図録3冊も販売している。


「テオ・ヤンセンのミニビースト」

「大人の科学マガジン Vol.30」のふろくとして登場し、ストランドビーストの名を日本に広めたと言っても過言ではないキット。複雑そうに見えて、実は簡単なユニットをつなげるだけで完成するところも秀逸。世界のテオ・ヤンセンファンの注目も集める「ふろく」の傑作だ。(税込価格:2,800円)


■【動画】テオ・ヤンセンのミニビーストPV 大人の科学マガジンVol.30



「テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス」

「大人の科学マガジン 別冊」のふろくとして登場した第2弾。実物のストランドビースト「リノセロス」は重さ約3トン。鉄の塊に命が宿ったかのように、愚直で圧倒的な重量感を感じさせながら歩く姿を、ミニ・リノセロスは小さな体で見事に再現してみせている。(税込価格:2,800円)


■【動画】テオ・ヤンセンのミニ・リノセロスPV 大人の科学マガジン別冊



「テオ・ヤンセン式 二足歩行ロボット」

「大人の科学マガジン Vol.37」のふろくとして登場。科学少年が大好きな二足歩行ロボットを、ストランドビーストの機構を使って編集部が開発したもの。テオ・ヤンセンは二足歩行のビーストを作っていないため、これはテオも認めた唯一のオリジナルという点でも貴重なキットだ。(税込価格:2,200円)


■【動画】テオ・ヤンセン式二足歩行ロボットPV 大人の科学マガジン



「テオ・ヤンセンのウミナミ」

2017年、三重県で開催された「テオ・ヤンセン展」に初登場したストランドビーストは公募で「ウミナミ」という名前が付けられ、「大人の科学マガジン」もミニチュア版を制作。ふろくにはなっていないが、展示会において販売してきた。今回の特別販売では「ミニビースト」と合体し、独自の歩行を可能にする最新版が登場する。(税込価格:2,200円)





【限定販売商品】テオ・ヤンセン図録など
テオ・ヤンセン展図録 2019年札幌で開催された展示会以降で販売されている図録。テオ・ヤンセンの全作品を体系的に紹介した図録としては国内初となる。テオ・ヤンセンはストランドビーストを、まさに生き物としてとらえており、生命の源となる1体からさまざまな生命が枝分かれし、現在も進化を続けている、という彼の頭の中にある生命の流れを表す最新の「系統樹」も掲載。(税込価格:3,000円)
テオ・ヤンセン公式ガイドブック 「公式ガイドブック」は、2017年以降の展示会で販売してきたもので、ストランドビーストのことがよくわかるDVDが付属している。氏の作品が「大人の科学マガジン」のキットになる過程を追ったドキュメンタリー映画『おとなのかがく』も全編収録。(税込価格:2,800円)
テオ・ヤンセン公式ガイドブック英語版 ​2018年にシンガポールで開催された「テオ・ヤンセン展」に向けて「大人の科学」編集部が制作した「英語版」。オランダ在住のデザイナー自らが、ストランドビーストを制作する海岸に赴き撮影した写真をふんだんに使用した、美しいビジュアルが特徴的な一冊だ。(税込価格:3,000円)

左から、「テオ・ヤンセン展図録」「テオ・ヤンセン公式ガイドブック英語版」「テオ・ヤンセン公式ガイドブック」


学研モール「ショップ学研+」
https://gakken-mall.jp/ec/plus/sp/slist/theojansen202007/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム