カメラ映像からAIが混雑状況を可視化、三密回避/入場者制限/在室者マッチングなどコワーキングスペースのニューノーマル実証実験

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)とエイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社は、NTT ComのAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes」を活用し、コワーキングスペース「avex EYE」を安心、安全に利用できるようにするためのニューノーマルに向けた実証実験を、2020年8月13日より開始した。


カメラ映像からリアルタイムに混雑状況を可視化

「avex EYE」は、社員や共創パートナー同士のコラボレーションによるシナジー創出とスタートアップやクリエイターの支援を目的に、エイベックス・ビジネス・ディベロップメントが運営しているコワーキングスペースだ。新型コロナウイルス感染症の影響により、同スペースを3月下旬より運営を一時停止していたが、同社は2020年8月12日、カメラ映像からリアルタイムに混雑状況を可視化する「COTOHA Takumi Eyes混雑度可視化技術」を用いることで、感染症対策を強化、本格的に運営を再開すると発表している。
同実験では、「avex EYE」内の混雑度をAIが判定し、”三密” 回避に役立てる実験を行うほか、今後、オフィスの中で、社員やプロジェクトのメンバーがどこにいるのかを可視化する「在室者マッチング」や、デジタルデータの名刺を交換す「電子名刺交換」などのサービスによるコミュニケーションの活性化による、ニューノーマル時代のコワーキングスペース作りを共同で検討していく。





AI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes」

同技術は、NTT ComがAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes」の人物抽出技術をもとに機能拡張を行ったもので、施設内に設置した複数台のネットワークカメラの映像をリアルタイムに解析し施設の混雑状況を可視化する。 2020年8月13日から2021年1月31日まで、実際の環境で運用することにより、その有効性の検証と必要機能の見極めを行う。なお、撮影データについては、実験目的の範囲内で2ヶ月間保存・利用し、保存期間終了後、確実に消去することになっている。


出入りの人数を測定し滞在人数を可視化

施設の入口付近に設置したカメラの映像から、人の出入り数をカウントし、施設内の滞在人数を把握。滞在状況をモニタへ表示し、閾値を超えた場合は、警告文の表示やアラート音によって注意を促し、訪問者の入場を制限する。

人数カウントと入場規制画面



エリア別混雑度の可視化

施設のエリア毎に設置したカメラの映像から予め指定したエリア内の混雑度を計測し、訪問者に向けて、施設全体とエリア毎の混雑状況を表示。訪問者は、モニタ表示を見るか、事前にメール等の通知を受け取ることにより、施設内の混雑状況を確認してから施設を利用することができる。モニタに表示される利用状況の映像は、人物を匿名化(シルエット表示)しており、個人情報に配慮して表示することも可能だ。

混雑度可視化画面




今後の展開

NTT Comおよびエイベックス・ビジネス・ディベロップメントは、実証実験の結果を踏まえ、同技術の継続的な改善に取り組むとともに、ウィズコロナ・アフターコロナ環境に対応したニューノーマルなコワーキングスペースの実現を目指すとしている。具体的には「サーマルカメラ連携による利用者の体温測定および発熱者の施設内における追跡・マスクの着用有無検知による未装着者の施設内における追跡」「在室者マッチング」「電子名刺交換」などの仕組みも検討し、安心、安全な場の提供に加えて共創コミュニケーションの強化にも取り組んでいく予定だ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム