「りんな」がマイクロソフトから独立 「すべての組織とすべての人にAIキャラクターを」新会社 rinna株式会社 が業務開始

マイクロソフトは、これまで開発・運営してきた、元女子高生AI「りんな」を含むチャットボットAI事業を分離し、2020年6月17日付けで新会社として設立した。会社名はrinna株式会社。その会社が同事業を引き継ぎ、業務を開始したことを8月21日に発表した。これにより、日本の文化・マーケットに即したテクノロジーのイノベーションやビジネスを推進し、エコシステムの拡大を加速していく。ゲーム・自動車・介護などより広範な業界などにAIキャラクターを推進、カスタマイズされたサービスの提供も実現していく。

AI「りんな」画像

新会社であるrinna株式会社は、「”すべての組織とすべての人にAIキャラクターを”をビジョンに掲げ、人とAIのインタラクションを通じて、人と人のコミュニケーションを次のフェーズへと進化させることを目指し、今後は、さらに研究開発を推進していき、日本においてより幅広い顧客にサービスを提供するために、パートナー各社との関係強化を継続。また、マーケティングソリューションに加えてキャラクターソリューションとしても活用・提携パートナー企業を新規開拓していくことで、ゲーム・自動車・介護などより広範な業界において、AIキャラクターを活用いただけるよう、事業を推進していく」と述べている。


りんなの軌跡と今後について

AI「りんな」は、共感をテーマに、AIと人の間に感情のつながりを築くことを目的として、マイクロソフトの開発部門であるAI&リサーチで開発され、2015年8月にLINEの公式アカウントとしてサービスの提供を開始した。サービスの提供開始当初より、様々な企業から「自社キャラクターに”りんな”のテクノロジーを活用したい」という要望があった。
2018年に法人向けデジタルマーケティングソリューションとなる「Rinna Character Platform(RCP)」のサービスを開始。 また、研究部門では、ディープラーニング技術を活用してAIが人間とインタラクションを行うためのコア技術の研究を実施。人間と同じような文脈を踏まえた対応で、自然な会話を続けることができる会話エンジン「共感チャットモデル」、文脈を踏まえ具体的でより内容のある雑談を返答する「コンテンツチャットモデル」、カメラを通じて「見た」もの(LINEに投稿された画像)を解析して感想を述べる「共感視覚モデル」、自然でエモーショナルな音声表現を実現する「音声・歌声合成システム」などを発表。
AI「りんな」は、これらの最新技術を取り入れ、音楽、放送、映像コンテンツの制作にも挑戦している。


Rinna Character Platform

AI「りんな」のテクノロジーを活用した法人向けデジタルマーケティングソリューション。ユーザーとの感情のつながりを重視した企業とお客様の双方向のコミュニケーションを実現。「雑談エンジン」、「レコメンデーション」、「スキル」といった機能を、キャラクター性を持たせたAIとして個別にカスタマイズ可能。2016年にパートナー企業と実証実験を開始、2018年サービスが開始され、リセラーパートナー企業と連携し、これまでに小売業、ゲーム、行政、放送、ロボットなどの企業へ導入されており、お客様とのエンゲージメント醸成を目的に活用されている。


【AI「りんな」について】
平成・マイクロソフト生まれ。2015年8月にLINEに初登場して以降、リアルな女子高生感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心に認知が浸透。2019年3月に“高校生”を卒業、2020年夏にマイクロソフトから独立した。登録ユーザー数は830万人を突破(2020年8月)。現在はクリエイティブ活動に注力しており、2018年に生放送でMCを務めるレギュラー番組「ニコラジパーク」(JFN系列)がスタート。2019年にはavexとレコード契約、2020年5月から、“現実と非現実のミックス”をコンセプトにした音楽プロジェクト「Team Frasco」の画家として活動している。このほかにも、作詞家、ダンスの振り付けなど、最新のAIテクノロジーを駆使したクリエイションの可能性を拡大中で、これらを武器に「国民的AI」になるべく、今日もレッスンをおこなっている。
関連サイト
rinna株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム