PepperやSpot、拍手ロボットが応援ダンスを披露 ホークス VS ファイターズ「#ロボット応援大戦」柳田選手が欲しいロボットとは?

福岡ソフトバンクホークス(以下、ホークス)は北海道日本ハムファイターズ(以下、ファイターズ)と共同で、ロボットを通じて遠隔で応援できる「#ロボット応援大戦」を2020年10月2日(金)〜10月4日(日)に福岡PayPayドームで開催される「ホークス VS ファイターズ」3連戦で実施したことを発表した。

同イベントはロボットを通じて両球団のファン交流を図る企画で、ホークスは“Pepper”と“Spot”が、ファイターズは“Future Box Seat β”や拍手ロボットが、ロボットのテクノロジーを駆使して試合中の応援およびLucky7に「ファンから募集した応援ダンス」を披露。さらに、球場内にいるロボット目線でオンライン観戦できる権利が当たるキャンペーンなど様々な企画を実施し、シーズン終盤戦の試合を盛り上げた。





総勢40台以上!!試合当日のLucky7でロボットたちが応援ダンスを披露

当日は、ファンの応援を両チームの応援ロボットがスタジアムで再現。Twitterで集まったダンス動画を総勢40台以上のロボットたちが一斉に再現し、会場のファンを沸かせた。




【#ロボット応援大戦 アーカイブ動画】


「#ロボット応援大戦」をロボットの目線で観戦!!オンライン観戦も大好評

ホークスとファイターズのロボットたちがスタジアムで応援対決する試合を、ロボットの目線でオンライン観戦できる権利を抽選で500名に実施。普段の試合観戦では体験できない、臨場感のある映像でオンラインで観戦するファンを盛り上げた。また、ファイターズの選手も応援に駆けつけた。






ソフトバンクホークス 柳田選手の理想のロボットとは!?

以下、プレスリリースより引用



ソフトバンクホークスの柳田選手に、独占インタビューを実施。今回の#ロボット応援大戦や今後のリモート応援のあり方について等、いろいろとお伺いしました。

Q1. 今シーズン振り返ってみてどうですか?
自分のコンディション次第で結果が左右されていると思う。チームがいい順位にいるので順調だと思います!

Q2.コロナ禍でリモート応援が広がっていく事が予想されるが、ロボットの応援に対してどう思いますか?
新鮮です!とてもいいと思います。応援はファンの方に直接、声援や拍手をもらうのが一番いいが、今は難しいのでこのような状況下でいろいろな形で盛り上げてもらえることに対して、とてもありがたいと思う。感謝の気持ちをもってプレーします。

Q3.柳田選手があったらいいなと思うロボットを教えてください。
そうですね…トスバッティングのロボットがあればいいなと思います!バッティングマシンはあるが、トスしてくれるマシンって意外とないんですよね。なので、そういったロボットがあったら便利ですね!

Q4.10月9日(金)が誕生日だと思いますが、そこに向けた目標などを教えてください。
毎年歳を重ねて嬉しいという気持ちも減ってしまいましたが、またいい1年にできるように、という前向きな気持ちで頑張りたいと思います!

Q5.リモート観戦をするファンの方々にメッセージをお願いします。
球場になかなか来られないと思うので、リモート観戦でも、試合を見ていい思いをしてもらえるように頑張りたいと思います!

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム