警備アバターロボット「ugo」(ユーゴー)が商用化へ ビルオーナー・警備会社向けに 次世代DX警備ソリューションとして提供

警備アバターロボット「ugo」(ユーゴー)は、総合ビルメンテナンスの大成株式会社の警備業務向けに開発、実証実験が進められてきたが、一般の警備業務、ビルメン分野向けに製品化され、ソリューションとして販売されることがわかった。

大成はアバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics(ミラロボティクス)と「ugo」を活用した、次世代DX(デジタルトランスフォーメーション)警備ソリューションとして2021年1月よりサービス提供を始める。
両社は警備ソリューションに向けに2019年から実証実験を行ってきた。実証実験は2020年12月末にいったん終了予定とし、2021年より本格商用化へと移行するかたちとなる。


提供するサービスは次世代DX警備ソリューション「T-Spider」で、連携するデバイスの先駆けとしてアバターロボットugoのセキュリティ特化モデル「ugo TS-P(ユーゴー ティーエスピー)」が採用される。

■ 動画 警備ロボット ugo(ユーゴー)

両社は「今後Mira Robotics株式会社はugoをより警備ロボットとしてロボティクス技術の質を高めていき、大成 株式会社は様々なデバイス連携を図り業務適用をさせ多方面でのソリューションの展開を進めていきます」とコメントを発表している。

「ugo」は遠隔操作できるアバターロボット





次世代DX警備ソリューション「T-Spider(ティースパイダー)」

次世代DX警備ソリューション「T-Spider」は、警備業務を「見える化」し、最新テクノロジーを統合して高度なセキュリティを提供する、次世代DX警備ソリューションのプラットフォーム。
警備業務で必要とされる現場での報告をタブレット上で簡易に入力してデータの蓄積を行う。日々の報告書(日次・週次・月次)を作成し、施設管理者にプラットフォーム上で即時共有することができる。
またugo TS-Pとの連携により、ugoの巡回業務後に、巡回報告のレポートを自動作成することにより、ugoによる警備業務の仕事の幅を広げるという。
今後は、様々なデバイス(屋内自動飛行ドローン・監視カメラ・受付サイネージボード)との連携を図り、次世代DX警備ソリューションとして位置付けていく。

次世代DX警備ソリューション「T-Spider(ティースパイダー)」公式ページ : https://t-spider.jp/




次世代型アバターロボット「ugo(ユーゴー)」とは

「ugo」は2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボット。

【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム