横浜ワールドポーターズに「宇宙xアクアリウム」異次元水族館!アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」期間限定オープン

本日の旅程。ROOM1〜ROOM5まで約220坪の広さの中、地球からのワープ、危険なアバンチュラの森を超え、たどり着く場所は・・・

アクアリウムクリエイターのGA☆KYO(宮澤 雅教)が代表取締役を務める株式会社UWS ENTERTAINMENT(UWS)は、神奈川県横浜市の大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」に、日本初となる宇宙 × アクアリウムをコンセプトにした期間限定水族館、アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」を2020年12月22日から2021年8月22日の期間限定でオープンした。

同水族館は、既存の商業施設に建設が可能な新しいスタイルの水族館で、映像システムや音響、光、プロジェクションマッピングなどの最新のテクノロジーを取り入れ、空間を楽しむ8つの演出(光・影・水・音・香・動・生・驚)を提供する約220坪のエンターテイメント空間となっている。

水族館内の様子(完成画像)

水族館内の様子(完成画像)




開催概要

アクアリウムを水の惑星と称し、奇抜かつ奇才なアイデアで数々のアーティストとコラボレーションするなど第一線で活躍してきたGA☆KYO率いる「UWS」が、光と反射の空間を創り出すアート集団[MIRRORBOWLER]他、多彩なパートナーと共に、「横浜ワールドポーターズ」に、想像を超えたアクアリウム空間を生み出した。


開催期間 2020年12月22日~2021年8月22日
開館時間 10:30〜21:00(最終入場 20:00)
料金 大人(中学生以上):1200円、子供(小学生以上):600円、小学生未満:無料
開催場所 神奈川県横浜市中区新港2丁目2−1 横浜ワールドポーターズ 4F
来場目標 20万人



アーティスト情報

▼ GA☆KYO(がきょう)


日本を代表するアクアシーンの異端児。繊細かつ奇抜なアイデアで、水槽を と称しアクアリウムの新しいスタイルを切り開いてきた、テラリウムやビオトープなどさまざまなジャンルに定評があり、陶芸や音楽 といったジャンルを超えたアーティストたちとのコラボレーシ ョンイベントを開催するなど、多くの人の支持を集めている。

【実績】天空のアクアリウム ソラキン、金魚ミュージアム、大江戸温泉金魚物語、雅教展、すみだ水族館「お江戸の金魚ワンダーランド」など 多数



▼ MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)


光と影の空間を創りだすアート集団。2000年より活動を始める。グラフィックデザイナー、写真家、美術家、照明家など様々なジャンルのメンバーからなる。愛と喜びの感情を込めた光で空間を包み込み、日本文化・自然を慈しみ、そこから得られるインスピレーションを大切に老若男女問わず人種・言語・宗教観を超えて人の心に語りかける作品創りを目指す。

【実績】スマートイルミネーション横浜、明治神宮鎮座百年祭奉祝 など多数



▼ 生田目 礼一(なまため れいいち)


1980年 宮城県生まれ。ガラス造形アーティスト・バーナーワーク講師 ガラスを素材とした美術・装飾品、屋外型インスタレーション作品などを手掛け、ガラス素材ならではの繊細さと大胆さを兼ね揃えたその作風は、国内外から高い評価を得ている。 現在は東日本大震災に想いを馳せ、環境問題をテーマにした創作活動にも力を入れており、未来に向けたメッセージ性の高い作品にも注力している。

【実績】SONICART in SUMMER SONIC 2019、六本木アートナイト、静岡文化芸術大学 デザイン学部デザイン学科 特別講師 など多数



フロア(完成イメージ)

ROOM1:エントランス 水の惑星への旅:地球から第38惑星にワープするための「ワープゾーン」入り口。この先は水の中の宇宙となるため、息を止める練習をする

ROOM2:ワープゾーン・宇宙船:ワープゾーン、ミニチュアアクアリウムでUNDER WATER SPACE星を再現!ここでは到着前のイメージトレーニングをお願いします

ROOM3:アバンチュラの森:この森には危険で可愛い異生物が多数生息しています。お手を触れないように気をつけてお進みください。伝説の滝の先には・・・

ROOM4:MIRRORBOWL AQUAPALLY:第38惑星UNDER WATER SPACE星に到着。100万年に一度開催される水の惑星パーリーナイトが開催中。ドリンクを飲みながらお楽しみください

ROOM5:地球への帰還:いよいよ皆様の地球への帰還。去り行く第38惑星と近づく地球の景色をお楽しみください

全体マップ




新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルスの感染予防ポイントとして、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は湿度40%以上を推奨している。同社は、同施設はミストシステムを使った演出やアクアテラリウムなどを多数採用しており、施設内の湿度は常時60%以上(同社調査)を維持しており、換気やアルコール消毒、入館時の検温などの新型コロナウイルス感染予防対策を徹底するため、安心して楽しめると述べている。

UNDER WATER SPACE公式サイト:http://uws-yokohama.jp

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム