スマートマスク「C-FACE」マットブラック版がMakuakeで先行予約開始 声からストレスを測定し休息を促す新機能

ドーナッツロボティクス株式会社はスマートフォンにつながるスマートマスク「C-FACE」の新色マットブラック版の先行予約をMakuakeで開始したことを発表した。価格は一般販売予定価格5,940円の20%オフとなる4,752円(税込)。


スマートマスク「C-FACE」について

コロナ禍のマスク装着の生活では声が届きづらく、対面コミュニケーションに不具合が多くなっている。「C-FACE」はスマートフォン専用のアプリと通信して、マスク越しに小さな声で喋っても、最大10m先の相手スマートフォンに声を届けることができる。また、マスク越しに話した声を文字に変換してスマホに表示したり、そのテキストを議事録として保存したり、翻訳することもできる(議事録作成と翻訳機能の使用には月額使用料が必要)。

市販のほとんどのマスクに装着できる




■利用シーン・イメージ





普及にはファッション性も重要

スマートマスク「C-FACE」は翻訳などの機能を搭載した新しい製品。その普及には革新的な機能に加え、ファッション性も重要と考え、よりスタイリッシュなデザインを模索した。ドーナッツロボティクス社のデザイナーは特に先進国でのモノトーンを中心としたファッションが主流となった現代、黒いマスクの重要性を感じ、C-FACEの新色に選定。黒の光沢を抑えることで、品質の高さを表現している。





声から元気度合いを測定する新機能

2021年7月頃には声から元気度合い(ストレスチェック)を測定する新機能「ストレスチェック」が「C-FACE アプリ」に追加される予定。同機能はPST社との提携により「C-FACEアプリ」に声のセンシング機能を追加。いくつかの文章を読み上げると心の元気度合いを数値化する。元気がない時には「C-FACEアプリ」が休息を促すなどの利用法を想定している(※月額使用料あり)。


ストレスチェックは疾病の診断をするものではなく、あくまで健康管理のためのツール。また、法令で定められているストレスチェックとは異なる

PST社は東京大学をはじめとした様々な大学や研究所、企業、医療機関と共に音声を研究。言語に依存しない「人の声」の解析によるCNS疾患の予防及び診断技術の開発と臨床における実用化を目指している。
関連サイト
Makuake

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム