「ポールンロボ」がスギ花粉の飛散を検知、ついに花粉シーズンがスタート ウェザーニューズが今年の予想と傾向を発表

ウェザーニューズの花粉観測機「ポールンロボ」がスギ花粉の飛散を検知、2月7日に関東南部でも花粉がシーズンインとなった。関東や九州では今週末から来週にかけて本格的な飛散も始まると見られている。花粉症に悩む人にとっては憂鬱な、花粉の飛散する季節が始まった。
コロナ禍の花粉対策に、1時間ごとの花粉の飛散量と飛散予報をウェザーニューズがアプリで無料公開中だ。

花粉観測機「ポールンロボ」。花粉を検知するIoTセンサー搭載


関東南部から九州の1都16県が花粉シーズンに突入

株式会社ウェザーニューズは、花粉観測機「ポールンロボ」で基準を超える花粉が観測されたことやユーザーからの症状報告を総合して、関東南部から九州の1都16県が2月7日までに花粉シーズンに突入したことを発表した。
花粉シーズンの開始時期は、関東南部で概ね平年並となったものの、東海から九州では平年より5日~10日ほど早いシーズン開始となった。

今後、2月中旬にかけて西・東日本の広範囲で花粉シーズンのエリアが拡大する見通しで、関東や九州など早いところでは今週末から来週にはピークを迎える予想。今年は飛散が少なかった2020年よりも飛散量が増える予想のため、昨年よりも花粉症の症状が悪化する人が多くなる可能性がある、というから要注意だ。

コロナ禍では、花粉症の症状による感染拡大リスクや、花粉症の症状の一部が新型コロナウイルスと似ていることから、例年以上の花粉症対策が必要と言われている。
既にロボスタでも既報のとおり、「ウェザーニュース」アプリの「花粉Ch.」では、花粉の飛散予報や天気、風の予報を1時間ごとの時系列で確認できるほか、全国約1,000箇所に設置しているIoT花粉観測機「ポールンロボ」の観測データが無料で公開されている。また「花粉対策アラーム」では、毎日の花粉予報や大量飛散情報をスマホにPUSH通知でお知らせ。


毎日の花粉予報や花粉観測データはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュース」をダウンロード後「花粉Ch.」にアクセス
または、ウェザーニュースウェブサイト「花粉Ch.」
https://weathernews.jp/s/pollen/

以下はウェザーニューズが発表した今年の花粉状況(リリースより)。


東京など1都16県で花粉シーズンに突入

2月7日までに東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、三重県、和歌山県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の1都16 県で、花粉観測機「ポールンロボ」で基準(※1)を超える花粉が観測されたことや、ユーザーからの花粉症の症状報告でも“つらい”や “ややつらい”の回答が増加していることを総合して、花粉シーズンに突入したことを発表しました。


花粉シーズンの開始時期は、関東南部で概ね平年並となったものの、東海から九州では平年より5日〜10日ほど早いシーズン開始となりました。
スギの雄花は暖かくなると花粉を飛ばし始めます。今冬は北日本を中心に断続的に寒気が流れ込み、厳しい寒さとなりました。一方、西・東日本にも時折寒気が流れ込んだものの寒気が長期間停滞することはなく、1月は寒暖の変化が大きい一ヶ月となりました。北日本を低気圧前線が通過した1月16日には東京で18.7℃を観測するなど広い範囲で季節先取りの暖かさになったことや、その後も平年より気温の高い日が多かったため雄花の開花が進み、スギ花粉の飛散シーズンに突入したものと考えられます。

※1基準:花粉観測機「ポールンロボ」の3割以上が1日10個以上の花粉を2日観測


飛散開始:気温は平年より高い予想で、花粉開始・ピークともに早まる可能性


2月は低気圧や高気圧が次々と通過して周期的に天気が変わる見込みです。気温は全国的に平年より高くなる予想で、西・東日本では飛散開始のエリアがさらに拡大し、既に花粉シーズンに入っているエリアでは本格的な飛散が始まる見込みです。2月中旬以降、北陸や東北エリアでも徐々に飛散が始まる見込みです。高温の影響で飛散開始・ピークともに平年より早くなる可能性があります。
 なお、シーズン開始前から少しずつ花粉が飛び始めており、2月2日〜3日に実施した調査では、花粉症の方の半数以上が症状を感じ始めていることがわかりました(※2)。まだ花粉シーズンに入っていない地域の方も、早めの花粉対策がおすすめです。
※2調査方法:「ウェザーニュース」アプリのユーザーに「花粉、感じてる?」と質問し、“花粉症ではない”“感じない”“ちょっと感じる”“けっこう感じる”から選択回答いただきました(調査日:2月2日〜3日、回答数:7,944)。


飛散ピーク:関東や九州など2月中旬からスギ花粉ピークへ、3月中旬からヒノキ花粉ピーク


花粉シーズンに入った後、1週間から10日くらいで花粉の飛散が本格化します。この後、2月中旬から下旬は気温が平年より高い傾向のため、東日本、西日本の広範囲で前回発表よりもピークが早まる予想に変化しました。関東や九州など早いところでは、今週末から来週には花粉の飛散が本格化し、ピーク期に入る見込みです。下旬には西日本、東日本の広範囲でスギ花粉の飛散ピークを迎え、北陸や東北でも3月上旬から中旬にかけてスギ花粉の飛散ピークを迎える見込みです。
 3月後半になるとスギ花粉の飛散は徐々にピークを越えて、西日本からヒノキ花粉の飛散が増えてきます。3月中旬から4月下旬にかけて西・東日本を中心にヒノキ花粉の飛散がピークを迎える見込みです。3月は気温が平年並みに戻るところが多い予想ですが、気温が高めに推移すると、予想よりもヒノキ花粉のピークが早まる可能性があるため、ヒノキ花粉に敏感な方はご注意ください。シラカバ花粉が飛散する北海道は、道南・道央ではゴールデンウィーク前後、道北・道東では5月中旬に飛散ピークを迎える予想です。


飛散量:飛散量は広範囲で2020年よりも増加予想

2021年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は全国的に平年を下回る予想です。全国平均では平年の70%程度になるとみています。飛散量が少なかった2020年と比べると花粉の飛散量は北海道と東北北部の一部を除いたほとんどの地域で多くなる予想で、2020年に比べて飛散量が2倍を大きく上回る地域もあります。一方、2020年の飛散量が多かった北海道のシラカバ花粉の飛散は控えめになりそうです。全国平均では2020年比で160%程度になる見込みです。
2020年より飛散量が増えて、花粉症の症状も悪化する方が多くなる可能性があります。一時的・局地的に大量の花粉が飛散することもあるので、しっかりと対策を行ってください。




参考情報:きめ細かい花粉飛散予報で万全の対策を

花粉症と新型コロナウイルスは症状が一部似ていることや、無症状で新型コロナウイルスに感染していた場合、花粉症のくしゃみや鼻水などの症状により感染拡大のリスクがあるため、今年は例年以上の花粉症対策が必要と言われています。
スマホアプリ「ウェザーニュース」の「花粉Ch.」では、花粉の飛散予報や天気、風の予報を1時間ごとの時系列で確認できるピンポイント花粉予報や、全国約1,000箇所に設置しているIoT花粉観測機「ポールンロボ」の花粉観測データを公開中です。また、「花粉対策アラーム」では、毎日の花粉予報や大量飛散情報をスマホにPUSH通知でお知らせします。「花粉Ch.」や「花粉対策アラーム」はどなたでも無料でご利用いただけます(「花粉対策アラーム」は一部有料)。

1時間ごとの花粉飛散予報

1時間ごとの花粉観測データ (ポールンロボ観測データ)

「花粉対策アラーム」サンプル

花粉症対策は早めが効果的と言われているため、ピーク前からの対策がおすすめです。つらい季節を少しでも楽に過ごせるよう、「花粉Ch.」や「花粉対策アラーム」をお役立てください。

(情報提供:株式会社ウェザーニューズ)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム