ヤマハ発とソニーが共同開発した自動運転モデリティ「SC-1」の新サービス発表 子ども達が描いた街を走る「らくがきクルーズ」

ヤマハ発動機はソニーと共同開発したエンタテインメント車両Sociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を用いた新たなサービスを2021年3月5日にイオンモール沖縄ライカム(沖縄県中頭郡北中城村)にて開始したことを発表した。


クルージングサービス「らくがきクルーズ」

新たなサービスは2019年11月に第一弾として、カヌチャリゾート(沖縄県名護市)と東南植物楽園(沖縄県沖縄市)で実施し好評を博したエンタテインメント体験に続くプログラム。

今回提供するクルージングサービス「らくがきクルーズ」は従来の乗車による体験に加えて、乗車をしない周囲の人も参加できるサービス。会場で提供される、ぬり絵用紙「らくがきクルーズマップ」に描かれたビルや家、樹木などの輪郭への自由な色付けや、好きな画像を追加する事ができる。それらを専用プログラム(愛知工業大学情報科学部 水野慎士研究室が開発)で立体的な3D画像とし、会場内中央に設置された大型モニターに空想の街を構成する。自分がデザインした車両の走行する姿を鳥瞰的に眺め渡す事に加え、SC-1に乗車する事で車内から街並みの景色を楽しむ事もできる。


自分の描いた車が走る「らくがきカート」








カートに乗って自分の描いた街を走る「らくがきクルーズ」






【動画 らくがきクルーズの紹介は1分から】

■らくがきクルーズの概要

開催日時 2021年3月5日(金)~3月29日(月)14時~17時
18時~20時は下記スペシャルコンテンツに切り替わる。
沖縄テレビの人気番組「琉球トラウマナイト」による「ローカルホラーリポート」
【ローカルホラーリポート×Sociable Cartサービス】
https://torauma-sc1.com/
会場 イオンモール沖縄ライカム 2F アクアエレベーター前広場(グローバルワーク前)
https://okinawarycom-aeonmall.com/news/event/3151
価格(税込み) らくがきカート(自分の描いた車を大きく投影)
1回(1枚) 300円 → イオンモールアプリ提示で1回(1枚) 100円

らくがきクルーズ(カートに乗って自分の描いた街を走る)
1回(1人) 500円 → イオンモールアプリ提示で1回(1人) 300円
1回(1グループ)最大1,000円 → イオンモールアプリ提示で1回(1グループ) 800円

対象 3歳以上(小学生以下のお子様は18歳以上の同乗が必要)



「SC-1」とヤマハ・ソニーの取り組み

SC-1は室内や車体側面にビルトインされている高精細ディスプレイに、カメラで捉えた車両の前後左右の様子や走行場所に応じた映像や、ソニーが開発した融合現実映像(MR)を映し出すことができる。これにより、従来の自動車やカートでは提供できなかったエンターテインメント空間をつくりだすことができる。また、乗客や車両を取り巻く人々により楽しい低速移動の価値を提供できる。

エンタテインメント車両「SC-1」

ソニーが開発した融合現実感技術による映像

ヤマハ発動機はこれまでも、電動のゴルフカーをベースとした試作モデル(2016年発表)や、コンセプトモデル「New Concept Cart SC-1」(2017年発表)の車両開発においてもソニーに協力し、カヌチャリゾート(沖縄県名護市)での夜間のゴルフ場における乗車体験サービス「Moonlight Cruise」の期間限定実施などを通じて、技術開発や顧客ニーズの検証を重ねてきた。加えて、2019 年11 月にエンタテインメント体験のサービス第一弾として、カヌチャリゾートと東南植物楽園(沖縄県沖縄市)でサービスを行い、好評を博した。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム