ユカイ工学が競技用ロボット「ユカイなピコハンロボット」を開発 全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」に向けて

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社は、2021年に開催される全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」のブロック大会および決勝大会に向けた競技用ロボット「ユカイなピコハンロボット」を開発したことを発表した。


ピコピコハンマーをベースに作られた「ユカイなピコハンロボット」

「ユカイなピコハンロボット」の最大の特徴はダイナミックに動作するハンマー。ロボットの頭がピコピコハンマーをベースとして作られており、自分のプログラムによって自由にロボットの首を上下に振ることができる。ハンマーの前面部にはヤスリが取り付けられており、風船を叩いて割ることができる。


全国の子どもたちが自分でプログラミングしたロボットを動かし、楽しみながら試行錯誤してプログラミングを学ぶ機会になればとの思いを込めて開発された。

胴体には左右に2つの車輪が取り付けられており、前進・後進・左右旋回をプログラムによって自由にコントロールできる。また、ロボットの前面には床の白黒を判別するセンサが2つ取り付けられており、ライントレースプログラムを開発することで自動走行することができる。プログラミング開発環境には、Scratch3.0互換のソフトウェアをロボット専用にカスタマイズ開発しており、特別な専門知識なくてもロボットを動かすソフトウェア開発が可能。





「ゼロワングランドスラム」とは

ゼロワングランドスラムはプログラミングを学ぶ日本全国のすべての小学生に向けた、競技形式のプログラミング大会。3つのステージを勝ち抜いて、日本一のキッズプログラマーを目指す。全国の小学1年生〜6年生が対象で、参加は無料(事前登録が必要)。

主催:一般社団法人ジュニアプログラミング推進機構、運営:小学館等

1st Stage:WEB予選
2021年5月7日(金)〜23日(日)

2nd Stage:ブロック大会
西日本ブロック:2021年6月13日(日) イオンモール堺鉄砲町
東日本ブロック:2021年6月20日(日) イオンレイクタウンkaze
※WEB予選上位者にて、3人1チーム×5組にて実施し、各ブロックで優勝、準優勝した2チームずつが決勝大会へ進出。

3rd Stage:決勝大会
2021年7月17日(土) 池袋・サンシャインシティ噴水広場


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム