日比美思さんの音声合成デジタルボイス「コエステーション」に追加 写真展「MIKOTO PHOTOEXHIBITION」の副音声として活用

エイベックスの子会社、コエステ株式会社は女優の日比美思(ひびみこと)さんのデジタルボイスを制作し、声の権利化・流通プラットフォーム「コエステーション」のコエカタログに追加したことを発表した。
「デジタルボイス」は特定の人の声の特徴を再現するための音声合成用の辞書のこと。録音した音声データからその人の喋り方や声色などの特徴を機械学習によって抽出する。音声の特徴をAIが学習して辞書のように登録することで、その声で文字を読み上げたり、話したりすることを実現するデジタル音声技術。

今回のコエカタログ追加は女優・日比美思さんが最新の音声合成技術によるデジタルボイス制作を目指す「MIKOTO’S VOICE PROJECT」の一環で、支援者には本日4月7日より開催される写真展『MIKOTO PHOTOEXHIBITION』でも楽しめる副音声デジタルボイスが音声ガイドとして提供されるほか、支援者の名前を含んださまざまなパターンのメッセージやシチュエーションボイスなどが提供される。

同プロジェクトはエンタメ特化型クラウドファンディングプラットフォーム「Bridge」で実施しており、引き続き4月25日まで支援者を募集している。デジタルボイスならではの一人一人にあてたオリジナルのメッセージで日比美思さんの「癒しの声」を堪能できるほか、最新のAI・音声合成技術を活用することで、まるで本人と一緒に写真展を鑑賞しているかのような新しい体験も楽しむことができる。

■ 日比美思-message-【Bridgeにてクラウドファンディングプロジェクト始動】


日比美思さん初の写真展『MIKOTO PHOTOEXHIBITION』

⼥優として活躍中の⽇⽐美思さん初の写真展を2021年4月7日(水)から4月11日(日)までTOKYOARTSGALLERY SHIBUYAで開催。撮影は様々な広告や映画のポスターなどの撮影で活躍する若き写真家⽊下昂⼀氏が担当。「“⽇⽐美思”と共に“季節”を感じる」をコンセプトに、2020年夏を⽪切りに4シーズンにわたって撮影。シーズン毎に期間限定でのオンライン写真展を先行開催し、注⽬を集める。同展では2⼈でセレクトした全未公開のプリント作品を展⽰販売する。




日比美思さんについて

数々の作品に出演し女優として活動。自身の声を活かし、音声メディア“Voicy”などにも活躍の幅を広げており、声を活かした更なる挑戦をしていくべく、今回のクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げた。

日比美思さんからのコメント
オンラインサロンや写真展など、今までしてこなかった事に挑戦しようと思っていた時に、今回デジタルボイス制作の方々からお声がけいただいて、これもご縁なのではと思い、新しく未来への可能性を広げる第一歩としてデジタルボイスを制作しました。今後、映画やラジオ、読み聞かせなど、普段見て聴いている好きなものにも関わる事ができたらいいなと夢膨らませています!デジタルボイスというもの自体とても新しい仕組みで、これからどうなっていくのかとてもワクワクしています。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム