都市型自動運転船「海床ロボット」実証実験へ 炎重工の純国産水上ドローン「Marine Drone」で水上作業の自動化/効率化/安全性向上めざす

炎重工株式会社は「水上作業の自動化、効率化」を目的として開発した純国産水上ドローン「Marine Drone」を使用した【都市型自動運転船「海床ロボット」による都市の水辺のイノベーション実証実験】が、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会と大阪商工会議所の主催する「2025年大阪・関西万博の会場予定地である夢洲における実証実験の提案公募」において採択されたことを発表した。


「Marine Drone」と実証の背景

Marine Droneは水上モビリティを提供する水上ドローン。作業の目的に応じた様々な機器と連携することで、水上作業の自動化や効率化、安全性の向上に貢献する。昨今の情報セキュリティや安全性の観点から、総務省 2015年度 異能vationの支援を得て開発された高信頼性組込OSが用いられ、自律移動等の制御系も含めてオープンソースを使用せずに開発された。インフラ点検や災害対策などへの応用を意識し、今後も純国産の開発・改良を行うとしている。今回採択されたプロジェクトでは、Marine Droneをベースとした「海床ロボット」を開発する。


日本の都市は水辺(川辺・海辺)を中心に形成されてきたが、東京・大阪等の大都市も例外ではない。近年、大都市臨海部は都市過密化により、交通、物流、環境、災害等の課題が複雑に絡み合っている。こうした課題に対して、人・物の移動を支えるうえで、都市部の低未利用化した水域の活用が重要な糸口になる。


こうした社会課題に向け、都市型自動運転船「海床ロボット」が都市内水域を動き、水辺のさまざまな都市問題を解決し、水辺を変革していく未来を描き、今回の実証を行う。なお、採択されたプロジェクトは株式会社竹中工務店を代表法人とし、共同参加法人として国立大学法人東京海洋大学海洋工学部清水研究室、株式会社IHI、株式会社水辺総研、新木場海床プロジェクト、一般社団法人ウォーター・スマート・レジリエンス研究協会、炎重工株式会社からなる共同プロジェクトとなる。


公募の目的

今回の公募は博覧会協会及び大阪商工会議所が、企業等による未来社会を見据えたイノベーション創出の促進を図るため、夢洲をフィールドとした先端技術等の実証実験を公募したもの。この取り組みは「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年大阪・関西万博の開催に向けた機運醸成の一貫として取り組む。なお、選考された実証実験案件は大阪府・大阪市・大阪商工会議所で構成される「実証事業推進チーム大阪」と連携し、チーム大阪がフィールド利用に関する調整等を行う。


関連サイト
炎重工株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム