アニメ映画『竜とそばかすの姫』クリエイターによるボイスコメンタリーを含む【Spotify限定】公式プレイリスト配信中

世界で3億6,500万人以上のユーザーが利用するオーディオ ストリーミングサービス「Spotify」は、細田守監督の最新アニメ映画『竜とそばかすの姫』の世界観をより一層楽しめる特別コンテンツ『竜とそばかすの姫』公式プレイリストの配信を2021年7月30日より開始した。

7月16日の公開から10日間で動員169万人、興収24億円を突破している『竜とそばかすの姫』では、主人公の少女すずが、歌姫Belleとして仮想世界<U>で歌姫として人気者となる様子が描かれており、音楽が作品の中で重要な役割を担っている。『竜とそばかすの姫』公式プレイリストでは、現在配信中のオフィシャルサウンドトラックからの楽曲だけでなく、同作の音楽に関するボイスコメンタリーをSpotify限定のコンテンツとして収録。

ボイスコメンタリーは、音楽監督の岩崎太整氏、ミュージックスーパーヴァイザーの千陽崇之氏、音楽を担当した作曲家で音楽家の坂東祐大氏、スウェーデン出身の作曲家Ludvig Forssell氏の4名が登場。作品を彩る音楽のコンセプトや各曲の紹介、制作の舞台裏や象徴的なシーンで音楽が果たす役割などについてなど、ここでしか聴けない裏話も楽しめる。

また、Spotifyが新進アーティストを年間を通じてサポートするプログラム「RADAR: Early Noise」に2019年に選出されたKing Gnuの常田大希率いる音楽集団millennium paradeと、2019年に選出された中村佳穂が演じるBelleによるメインテーマ曲「U」や劇中歌「歌よ」、「心のそばに」、「はなればなれの君へ」では、楽曲再生中のスマートフォン画面にダイナミックなループ動画Canvasが表示され、音楽を聴きながら劇中のワンシーンを楽しむことも可能だ。

『竜とそばかすの姫』公式サイト内画像より

なお、7月12日に先行配信されたメインテーマ「U」は、Spotify Japan急上昇チャートにて、7月18日から1週間連続で1位を記録。「歌よ」「心のそばに」も同チャートで最高3位を記録しており、映画の世界と同じくBelleの歌声が実際の世界を席巻していく様子も注目されている。

Spotifyはこれまで、音声ライナーノーツとアルバム収録曲を組み合わせたSpotify限定のプレイリストシリーズ Liner Voice+や、Canvasなど、Spotifyだけで楽しめる限定コンテンツを通じて、アーティストやクリエイターとファンのつながりを深めており、今回の『竜とそばかすの姫』公式プレイリストによって、日本が誇るアニメーション映画の魅力を音楽の側面から深堀りし、世界へ届けることで、世界中の音楽、アニメファンに『竜とそばかすの姫』の世界観をさらに楽しめる機会を提供すると述べている。


【Spotify について】
Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービスだ。2008年のサービス開始以来、音楽の聴き方を進化させてきたSpotifyでは、7,000万曲以上の音楽や290万番組以上のポッドキャストを無料で発見・管理・共有できる。また、有料のプレミアムプランである「Spotify Premium」にアップグレードすると、広告が入らず、より良い音質で、ダウンロードすればオフラインでも楽しめるようになる。




映画「竜とそばかすの姫」について

『竜とそばかすの姫』は、50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>をメインの舞台とする物語。幼いころに母を亡くし高知の田舎町で父と二人で暮らす17歳の内藤鈴(すず)が、<U(ユー)>に<As(アズ)>と呼ばれる自分の分身・歌姫「ベル」として参加し、世界に注目される存在になっていく一方で、皆に忌み嫌われる竜の姿をした謎の存在に翻弄されていく。すず/ベルの声・歌唱を、声優、演技も初となるミュージシャンの中村佳穂が担当。謎めいた竜の声を佐藤健が務めた。

©2021 スタジオ地図


『竜とそばかすの姫 』制作概要
原作・脚本・監督 細田守氏
企画・制作 スタジオ地図
製作幹事 スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
公式サイト https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/

 

『竜とそばかすの姫』公式プレイリスト URL:http://spoti.fi/StudioChizu

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム