電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」10月発売 62年間の歴史で初!発電のしくみ解説

株式会社タカラトミーは鉄道玩具プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズ、「E5系新幹線はやぶさ」と「E6系新幹線こまち」を、2021年10月21日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて発売することを発表した。希望小売価格は各4,180円(税込)。


車輪を回転させることで発電する仕組み

同商品はプラレール62年間の歴史で初の、電池なしで電動走行する車両。車体を床やテーブルの上などで前後に転がして車輪を回転させることで発電する仕組みで、約30秒間チャージすることで約7m(正円に組んだレイアウト約5~6周分)、電池を使うことなく電動走行することができる。


プラレールを十分に電動走行させるために必要な電力を子どもの手の力だけで作りだすためには、より効率的な発電機構が必要。これを特許出願中の特殊なシステムを新規開発したことにより実現した。前進・後進両方向からの手転がしにより発電・蓄電するメカニズムで電動走行する。


同製品は脱炭素社会の実現のため、クリーンなエネルギーへの転換が注目されている中、再生可能エネルギーの仕組みを実現し、子ども自らがエネルギーを作り出すことで、遊びながら学ぶことができる商品として提案する。また、同商品は地球環境に優しいおもちゃ作りを目指すタカラトミーのエコトイ認定商品となっている。





発電方法と遊び方【動画】

本体スイッチをOFFにし、車両をしっかり持って、車輪が回転するように床などに軽く押し付けて前後に転がす。しばらく続けると運転席のLEDが光り始め、徐々に明るくなる。チャージされたエネルギー量は運転席のLEDの光の強さで確認することができる。明るさが変わらなくなったらチャージ完了。スイッチをONにすると、約30秒のチャージで7メートル程度走行する。チャージの目安は約30cmの距離を約2秒で往復するくらいのスピードで15往復(約30秒)程度。



【映像】電池なしで電動走行!?「テコロでチャージシリーズ」あそび方編



【映像】電池なしで電動走行!? 「テコロでチャージシリーズ」


商品概要

商品名 「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ E5系新幹線はやぶさ」
「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ E6系新幹線こまち」
希望小売価格 4,180円(税込)
発売予定日 2021年10月21日(木)
対象年齢 3歳以上
商品内容 車両本体
使用電池 不要
取扱い場所 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等
著作権表記 ©TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
JR東日本商品化許諾済
公式ホームページ www.takaratomy.co.jp/products/plarail/sp/tekoro_charge
販売目標 2万個(2種計)
プラレールについて 「プラレール」は2021年に発売60周年を迎えたロングセラーの鉄道玩具で、3世代にわたって愛されているブランド。「プラレール」の原型は金属や木の玩具が主流であった1959年に当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」。象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズで設計され、この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールを繋げて遊ぶこともできる。なお、日本国内ではこれまでに累計約1,800種類、1億7,700万個以上を販売している(2021年3月末現在)。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム