ロボット「BOCCO emo」を不動産直販サイトが物件の内見に活用 「明るさと騒音」をセンサで見える化 新しい内見スタイルを開拓

不動産直販サイト「FLIE」(フリエ)を運営する株式会社FLIEは、ロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社のコミュニケーションロボット「BOCCO emo」(ボッコ エモ)を2021年11月より「FLIE」の一部掲載物件に設置し、もっと自由な新しい内見スタイルの実現に向けた共同検証を開始することを発表した。部屋に設置された「BOCCO emo」のセンサを活用することで、まずは新たに物件ごとの「明るさ・騒音」の計測およびサイト上への表示機能を導入開始する。


物件購入後の「二大後悔」(明るさと騒音)を事前にチェック

新しい物件を探している人の悩みとして、内見したとしても時間帯によって変化する「明るさ」や「騒音」については判断が難しい、という声が多くある。FLIEの調査によると、住宅を購入した経験のある人で照度や騒音について後悔していると答えた割合は「日当たり・照度=15.6%、近隣の騒音=13.5%」といずれも一定の割合で不満に思っていることが分かる。住宅は一生の中でも大切な買い物である考えると、無視できない数字と言えるかもしれない。

株式会社FLIE:インターネット調査 346名 (調査期間2021年09月28日~10月05日)

その悩みを解決する一助として「BOCCO emo」を物件内に設置することにより、短い内見時間だけでは判断ができない部屋の明るさと騒音を24時間計測し、「FLIE」(フリエ)の物件情報ページに掲示する新しい機能を導入する。

FLIE掲載物件

また、今後の展望としてチャットボットやオペレーターによる遠隔サポートなど、「BOCCO emo」の対話機能により無人の内見案内を実現し、ユーザーにとって“もっと自由な物件探し”を目指す。FLIEは今回の共同検証による新機能導入を皮切りに、今後も「BOCCO emo」を活用した、先進的で新しい住まい探しを提供し続けていくとしている。


11月から試験的に導入予定の機能について

<明るさの計測・表示>
一日の中でも時間帯によって大きく変化する日当たり。「BOCCO emo」のセンサ機能により、一日のお部屋の明るさを24時間計測しサイト上の物件紹介ページに掲示する。時間帯ごとに5段階のアイコンで表示する。

<騒音の計測・表示>
物件周辺の騒音は内見では判断が難しい項目の一つ。「BOCCO emo」のセンサ機能により、車や電車などの交通音、道路を通る人々の声、近隣の生活音など、一日を通した騒音を24時間計測しサイト上の物件紹介ページに掲示する。時間帯ごとに5段階のアイコンで表示する。

計測・表示画面のイメージ

【BOCCO emoについて】

BOCCO emoは2015年に誕生した「BOCCO」(ボッコ)の次世代モデルのコミュニケーションロボット。BOCCOの機能(音声メッセージの送受信、センサ連携、天気配信やリマインド機能、IoT機器との連動など)に加え、音声認識機能、ハンズフリー対話、LTE/Wi-Fiの通信方式に対応、共感を生む感情表現、ニックネーム設定、そしてAPIによるシステム連携を実現し、様々な情報を届け、家族の一員として振る舞う。


将来的な展望

1.サイトへの計測/表示情報の追加
「温度」「湿度」など、ユーザーが気になる新たな項目の計測掲示を目指す。

2.現地内見でのコミュニケーション機能強化
内見時にBOCCO emoを通して物件ご案内スタッフとその場で対話を可能にする、オペレーターによる内見サポート機能やチャットボット機能の導入を検討する。不動産会社のスタッフが同行せずにユーザーで住まい探しを完結させるFLIE独自のサービスを目指す。


不動産直販サイト「FLIE」(フリエ)について

FLIEは物件を所有する不動産会社(売主)と物件の購入希望者(買主)が、不動産仲介会社を介さずに直接売買ができる、新しい物件の買い方を提供している不動産直販サイト。仲介会社を介さないことにより、通常仲介会社に支払うことになる仲介手数料(物件価格の3%+6万円)がかからず、コストを抑えて不動産を購入することができる。また、売主との直接コミュニケーションにより、正確かつ透明性の高い物件情報を得ることができ、安心安全な取引が可能。現在は一都三県(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)のリノベーション物件を1,000件以上掲載し、住まい探しのプラットフォームとして利用されている。



ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム