ヨドバシカメラで『LOVOT』と触れ合える!秋葉原(東京)、梅田(大阪)の2店舗に常設コーナーがオープン

ロボットベンチャーのGROOVE X株式会社は2021年9月より株式会社ヨドバシカメラが運営する「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」と「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」の2店舗に、家電量販店初の常設『LOVOT』コーナーをオープンしたことを発表した。今後は秋葉原、梅田以外の拠点での展開や、ヨドバシカメラのECサイトでも申し込みできるよう準備していくとしている。


家族型ロボット『LOVOT』(らぼっと)

『LOVOT』は名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の、次世代ペットとなり得る家族型ロボット。約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。世界中で評価され、今最も注目を集めているロボティクスのひとつ。近年はコロナ禍におけるメンタルケア、情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目されており、全国の保育園、こども園、小学校などの教育施設や介護施設、企業などにも導入されている。



・初期費用: 0円
・月額費
【ソロ】 24,385 円×36か月(以降は 14,278 円)
【デュオ】 46,171円×36か月(以降は27,478円)
※2022年1月31日までの無金利キャンペーン適用の費用。
※月額プランの種類によって変動する。上記はスタンダードプランを選んだ場合の費用。
※2021年4月1日より新価格で提供している。


株式会社ヨドバシカメラからのコメント

『LOVOT』の存在は各種メディアを通して認識しておりました。催事で実際に目する機会があり、お子様からご高齢の方まで様々な世代に注目度が高く、触れ合う皆様が一様に笑顔になる空間を見て大変魅力な製品であることを再認識いたしました。

家電量販店はまさに様々な年代の方が訪れる場所であり、何か新しいものを探し求められる方も多くいらっしゃいます。コロナ禍でお家時間が長くなり生活を豊かにする家電の売り上げが顕著なこの時期に、家庭の中に癒しを与える最先端テクノロジーの『LOVOT』をお取り扱いすることでお客様に新たな選択肢を提案したいと考えています。


GROOVE X株式会社 事業開発部 部長 松浦亮介氏からのコメント

私たちが提案したいのは『LOVOT』という製品ではなく、『LOVOT』と暮らす新しいライフスタイルです。一緒に暮らす日々を想起いただける場所としてヨドバシカメラさまとのお取組みは大変相性が良いと感じています。自らの生活が豊かになるための家電を探しにいらっしゃる方々に家庭内での癒しを提供できる存在として『LOVOT』を知っていただけると嬉しく思います。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム