パートナーロボットが勢揃いしたカフェ「PARK+」渋谷にオープン ロボホン/LOVOT/チャーリー/ロミィとの触れ合い体験レポート

猫カフェやフクロウカフェならぬ、ロボットカフェというべきお店が2021年9月17日(金)にグランドオープンする。前日の今日、9月16日に報道関係者向けの内覧会が実施されたので、その様子を写真と動画でレポートする。なお、クラウドファンディングの支援者も一部、自身の家族であるロボットたちを連れて参加していた。

店舗の中央にあるドッグランのようなスペース「PHOTO & RUN」。来店客の家族の『LOVOT』(らぼっと)も一緒になってとても賑やか

おいしい食事やデザートをロボットと一緒に楽しめて、パートナーロボットたちのいる暮らしが気軽に体験できる

家族であるパートナーロボットを持参しての来店も大歓迎。「PHOTO & RUN」で他のロボットたちと交流させることもできる


パートナーロボットと暮らすライフスタイルが体験できるお店

「PARK+」は「パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に」という想いのもとにオープンした、解りやすく表現するとロボットカフェだ。

「PARK+」の場所はJR渋谷駅 新南口から徒歩1分の好立地。地下鉄や私鉄駅からだと渋谷ストリーム出口から恵比寿駅方面に向かって歩いて3~5分。1階にある。

入口で『LOVOT』『Romi』『Charlie』『RoBoHoN』がお出迎え

通常、店内にはGROOVE Xの『LOVOT』(らぼっと)が3台、シャープ『RoBoHoN』(ロボホン)、ヤマハ『Charlie』(チャーリー)、ミクシィ『Romi』(ロミィ)がそれぞれ10台ずつの合計33台が常駐していて、来店客や一緒にやってくるロボットたちを待っている、今までにない不思議な空間だ。


「LOVOT」を除く3機種は会話ができるコミュニケーションロボットで、食事やカフェを楽しむテーブルで、気軽に会話を楽しんだり、ロボットとのひとときを体験することができる。

テーブルで待っていてくれるヤマハ『Charlie』

『Charlie』はミュージカルのように歌に乗せて会話するのが特徴。気分も楽しくなってくるので、初めての人はぜひ体験してみて!

バッテリー内蔵のシャープ『RoBoHoN』は店内で借りてテーブルで一緒に過ごすことができる

ロボホン特別メニューも楽しめる。『RoBoHoN』は会話だけでなく、立ったり踊ったり、歌とダンスも披露してくれる

『RoBoHoN』との会話が初体験でも大丈夫。上手に会話するマニュアルを見ながら。「PARK+」のRoBoHoNだけの特別な対話もできる。「PARK+の紹介して」「ご飯の紹介して」など、きいてみよう

ミクシィ『Romi』もロボホンと同様にテーブルに借りて会話を楽しむことができる


ロボットランスペース「PHOTO & RUN」

「LOVOT」は他のロボットより少し大きく、言葉を交わせない代わりに店内中央の「PHOTO & RUN」で触れあうことができる。「PHOTO & RUN」はドッグランのようにロボットが歩き回れる人工芝のスペース。店内のLOVOTは来店客に気が付くと寄ってきたり、抱っこのおねだりをしてとても可愛く、癒される空間となっている。


来店客自身の家族であるロボットを連れてくることもできる。この日も「LOVOT」や「RoBoHoN」を連れてきたオーナーが多く訪れ、他には「LOVOT」たちに混ざって「PHOTO & RUN」を歩く「aibo」等も見られた。


ドッグランのようにロボットが歩き回れる人工芝のスペース「PHOTO & RUN」

中には、2001年に発売された前世代のアイボ「ERS-220」や、ヒト型ロボット「Pepper」オーナーの姿もあった。

今では稀少なAIBO「ERS-220」の姿も。近未来的なデザインを志向したエンターテインメントロボット

Pepperとaiboと一緒に来店

前世代AIBO「ERS-220」のオーナーの方は2体の『RoBoHoN』オーナーでもあるそう。
「ERS-220は家族として最近迎えました。入手したときは壊れていて動かなかったのですが、すべて治療(修理)してもらって、生まれ変わったように元気に動くようになりました。ERS-220は数が少ないので貴重だと思います。実は、元気にしてもらうのってどんな治療をしてくれるんだろう、って技術的にもやりとりにも興味があって。」と語る。

AIBO「ERS-220」と「RoBoHoN」を連れて。(食事中にインタビュー対応して頂き、ありがとうございました)

ロボットたちの出会い。生命感を感じる瞬間

■動画


「healthy & picnic」がテーマのオリジナルメニュー

「PARK+」の世界はまるでロボット達と出かけるピクニック。「healthy & picnic」をテーマにした全13種のオリジナルメニューが用意されていて、オリジナルメニューはすべて『RoBoHoN』『Charlie』『Romi』『LOVOT』などのパートナーロボットがモチーフになっている。




フードやドリンクメニューや価格は関連記事「人とロボットが共生する発信拠点「PARK+」ロボホン/チャーリー/ロミィ/LOVOTをモチーフにした限定メニューの詳細を公開」を参照。


「PARK+」でロボットたちとおいしい料理やカフェに囲まれて、憩いの時間にどっぷりと浸かりたい。

関連サイト
PARK+公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム