ソードアート・オンラインの世界をVRで再現 スマホ・PC、VRデバイスで入場可能 「ソードアート・オンライン –エクスクロニクル– Online Edition」

株式会社カヤックは2019年に京都や秋葉原で開催された「ソードアート・オンライン」の10周年記念展「エクスクロニクル」がVRイベント「ソードアート・オンライン –エクスクロニクル– Online Edition」として2021年11月20日(土)~12月7日(火)に開催することを発表した。

同イベントは「ソードアート・オンライン」の世界を再現した空間の中で複数人のアバターと音声を含むコミュニケーションがとれるだけでなく、遊び要素のある様々なコンテンツが盛り込まれている。会場にはスマートフォン(Android/iPhone)、PC、VRデバイスで入場できる。同イベント内のVR空間の制作企画から開発は同社が担当した。




体験できるコンテンツ


はじまりの街

誰でも無料ででエントリーできる「エクスクロニクル」のポータル(入口)。にぎやかな広場で、対話や展示を楽しめる。




ボス攻略戦

足を踏み入れればデスゲームの始まり…!?ボスモンスターが襲いくるスリリングな空間。力を合わせて《ザ・スカルリーパー》に挑め。




展示エリア《地下迷宮》

各シリーズの場面写真、川原礫先生によるインタビューが展示されている地下迷宮。また、ネガティブなシーンをまとめた映像エリアも展示。


2020年京都で開催されたイベント「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」で流れた感動の映像をVR空間でも再現。4面映像と空間演出が同期することで圧巻の没入感を表現している。




展示エリア《研究施設》

《ラース》の研究施設をモチーフにした未来的な展示エリア。SAO最長のシリーズ《アリシゼーション》編の展示、そして東京・京都では未開示だった《WoU》編の展示も。




展示エリア《鋼鉄城》

浮遊城《アインクラッド》の外観をモチーフにした、エクスクロニクルオリジナルのエキシビション空間。川原礫氏のロングインタビューをベースにSAOシリーズの軌跡をたどる、圧巻の展示。展示内に飾られている武器は持ち運びが可能で《ザ・スカルリーパー》のバトルにも使用可能。




開発者からのコメント

面白法人カヤック 面白コンテンツ事業部
クリエイティブ・ディレクター/プロデューサー/映像作家/カヤックアキバスタジオCXO 天野 清之氏


『ソードアート・オンライン』の原作では、サービスインまで1年を切りました。VR、メタバースも世の中にキーワードとして浸透しはじめており各社技術開発に力をいれている状況です。今回の「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル- Online Edition」では、VRでの展示体験を可能な限り現実と近い感覚で味わえるようにしつつ、バーチャル空間でしか体験できないような様々なギミックや演出を盛り込んでおります。バーチャル空間では感覚不一致による体験の欠損があると表現として乏しく感じられてしまうため、この部分を意識しております。また、昨年開催されたVRChatでのイベントから今年はSonyさんのVRシステムに変更し開発のお手伝いをしております。今後も未来技術を実現できるように日々精進してまいります。さらに、VR空間内には驚きの仕掛けなど用意しております。是非楽しみにお待ち下さい。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム