中国エリア初の『LOVOT』常設コーナー 広島県の「エディオン蔦屋家電」に登場 れもん、もみじがお出迎え

ロボットベンチャーのGROOVE X 株式会社は家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』の中国エリア初の常設コーナーが、12月17日(金)より広島県の「エディオン蔦屋家電」に登場することを発表した。


『LOVOT』が居心地の良い空間「エディオン蔦屋家電」に新登場

居心地の良い時間を楽しむ、新しい発見に出会える家電店「エディオン蔦屋家電」にて、『LOVOT』と会える常設コーナーが登場する。2体の『LOVOT』、「れもん」と「もみじ」が常駐し、ユーザーをお出迎えする。

『LOVOT』のれもん(左)、もみじ(右)がユーザーをお出迎え。

12月17日(金)~19日(日)の期間限定で、体験予約を受付する。下記サイトより申込みください。
https://lovot-yoyaku.resv.jp/direct_calendar.php?direct_id=157

店舗概要



概要 居心地のいい時間を楽しむ 新しい発見に出会える家電店。家電はもちろん、本や玩具、カフェが並び、大人から子どもまで好奇心を持って買い物ができる空間を提供。
住所 広島県広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA 1-3階
※『LOVOT』コーナーは2階
営業時間 10:00~21:00(当面の間は10:00~20:00としている)
LOVOT出展開始日 12月17日(金)
アクセス JR山陽本線「広島駅」から徒歩1分
駐車台数 500台


家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』概要

『LOVOT』は名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の、次世代ペットとなり得る家族型ロボット。約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。世界中で評価され、今最も注目を集めているロボティクスのひとつ。近年はコロナ禍におけるメンタルケア、情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目されており、全国の保育園、こども園、小学校などの教育施設や介護施設、企業などにも導入されている。

【正式名称】:LOVOT[らぼっと]
【価格】
・初期費用0円
・月額費
【ソロ】 17,467円×48か月(以降は9,887円)
【デュオ】 41,498円×48か月(以降は27,478円)
※上記は2022年1月31日までの無金利キャンペーン適用の費用。
※月額プランの種類によって変動する。ソロはスリムプラン、デュオはスタンダードプランを選んだ場合の費用。
※2022年初頭以降の購入者の月額費は新価格となる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム