News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

公立はこだて未来大学松原研究所と、TIS、エルブズが漫画を使ったAI対話の共同研究を開始

公立はこだて未来大学 複雑系知能学科 松原研究室(以下 松原研究室)、TIS株式会社(以下 TIS)、株式会社エルブズ(以下 エルブズ)は、「マンガからの対話辞書、シナリオ抽出に関する研究」(以下「マンガシナリオ生成に関する研究」)および「AIを使った対話にける対話破綻検知に関する研究」(以下「対話破綻検知に関する研究」)の共同研究を開始したことを発表した。

「マンガシナリオ生成に関する研究」では、一般に流通しているマンガやアニメの脚本から、対話辞書、シナリオなどを抽出し、AIによる対話システムに適用することを目指す。この背景に、AIによる対話システムには対話辞書、シナリオの作成が必要であり、これらを新規作成することは多額なコストが発生するという課題がある。

本研究によって比較的低コストで、高品質な対話辞書、シナリオの大量生産の実現を目指す。

「マンガシナリオ生成に関する研究」の適用イメージ

「対話破綻検知に関する研究」では、現状におけるAIの問題点の1つとしてあげられる対話の破綻を事前に検知し、よりスムーズな人間らしい対話手法の研究を行う。

「対話破綻検知に関する研究」の適用イメージ

今回取り組みを行う、松原研究所はAI関連技術の研究においてトップレベルの知見・実績を持ち、TISは自然言語処理の研究実績および実装技術を保有しAIとエンタープライズシステムの連携実用を目指す。また、エルブズはTISが出資しており、社会性エージェントを活用した高齢者向けコミュニケーションツールの実用化を目指す。

About the author / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

連載・コラム