【速報】ロボットの技術書「ロボットのほん」が、限定700部出版決定!

とのさまラボの西田寛輔さんと、ロボットパートナーの太田智美さんがロボットの技術書、その名も「ロボットのほん」を出版するとのことで、ご紹介します。

robot no hon

お二人はmirai capsule名義で、音楽活動もしています。興味のある方はこちらもご覧ください。

どんな本?

わーわー
ロボットの技術書つくりました!
「ロボットのほん」というタイトルです。
700冊しか作ってないので、ほしいかたはぜひイベントで購入してください!

西田さんが書いた予告の文面です、楽しそうですが、どんな本なのでしょうか?

西田寛輔
この本は、ロボットでわいわいしている時期に書きました。正確に言うと、わいわいしてから 1 年後の、ちょっとした時期に書きました。この本には、いろいろな人たちの、ロボットに対する思い、技術、その他いろんなことが詰め込まれています。

太田智美
知名度も財力もないロボット仲間の 2 人が「今この瞬間起きていることを歴史の 1 ページとして残しておきたい」――と自費出版したものです。そして、この本に登場する 62 人の寄稿者は、そういった私たちの呼びかけに対し何の見返りもなく寄稿してくれた人たちです。

なるほど。技術書というジャンルですが、技術だけではなく、幅広い内容が掲載されているようです。未来に読むと当時のことがわかるというのも、mirai capsuleのお二人ならではの構成だと思います。

robot no hon02

表紙・裏表紙のイメージをいただきました。手作り感がとても微笑ましいですね。

タイトル:「ロボットのほん」

サイズ:A5サイズ

ページ数:300ページ

頒布価格:2,000円(税込み)

編著:西田寛輔・太田智美

寄稿:62名の仲間たち

300ページということで、かなり読み応えのある本になりますね。
裏表紙の寄稿者の名簿は要チェックです。普段寄稿をされていないような、方々の名前があがっています。

寄稿だけで、総勢62名というのも凄いですね。これだけの豪華なメンバーが揃うことは、まずないのではないでしょうか?内容が楽しみ過ぎます。

ちなみに、ロボットスタートからも寄稿しています。
中橋をはじめ、望月編集長、OYOYO-PROJECTのやまうちさんが寄稿していますので、ぜひ手にとっていただきたいです。

 

どこで買える?

robot no hon01

一般の本屋さんで流通するのではなく6/25に秋葉原で開催される技術書典で販売されます。

イベント名:技術書典

サークル名:とのさまラボ×ロボットパートナー

配置:A-05

日時:2016/6/25(土) 11:00 〜 17:00

会場:秋葉原通運会館(一般参加無料)

限定700部ということで、欲しい方はなるべく早めにこのイベントに行きましょう!

ロボスタでも当日の販売の様子はレポートしていきます!


ってことで、発売日が待ちきれないですね!
発売後、もちろんロボスタでは書評レビューしたいと思っています。こちらもお楽しみに!

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。