Parrot製、X型のスタイルが特徴的な小型ドローン「Swing」レビューvol.3「飛ばしてみた!」

Parrot製、X型のスタイルが特徴的な小型ドローン「Swing」レビューvol.2「開封の儀!」の続きです。

今回は飛ばしますよ。


swing02

Photo: robot start inc.

セットに付属するFlypadというコントローラーにスマートフォンをセット。専用アプリをインストールして、Swingと接続し、さらにFlypadとも接続して、準備は完了です。



クアッドモード(QUAD MODE)

まず、普通のドローンのように垂直に飛ばしてみます。


swing03

Photo: robot start inc.

離陸ボタンを押すだけで離陸します。

飛ばしている様子を見ると、簡単そうですよね?

Flypadを使うとスマートフォンの画面でコントロールするより遥かに楽です。



プレーンモード(PLANE MODE)

続いて飛行機のような飛び方を試してみます。


swing04

Photo: robot start inc.

オフィスの片隅で飛ばしているのであんまりスピード出せません・・・。

角度が水平にまで至らないまま、ちょっとだけ傾いた飛び方になっています。

やっぱり広い場所で飛ばしてみたいものですね。

僕はこう思った:
屋外で遊ぶならMambo以上に爽快感のあるフライトが楽しめると思います。一方部屋の中ではMamboのほうがコントロールもしやすく楽しめるように思います。迷ったら両方買うのもありかなと思います。というのも、バッテリーやコントローラーが共有できるので、無駄なく楽しめるんです。いや、ほんとに。ということで、よいドローンライフを!


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。