週刊『ロビ2』の発売日が6月6日に決定! 「進化したロビは、最初のロビともいっしょに遊べる」

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、毎号付属のパーツを組み立てると、多様なコミュニケーションを楽しめる新時代のフレンドリーロボット「ロビ」が完成するマガジンシリーズ 週刊『ロビ2』を、2017年6月6日(火)より、全国書店及び、デアゴスティーニのホームページで発売することを発表した。

2013年に初版を創刊後、第3版まで版を重ね、約12万体を世に送り出したマガジンシリーズ、週刊「ロビ」。シリーズで完成するフレンドリーロボット「ロビ」を更に進化させ、様々な機能を搭載した新しい「ロビ」が完成するのが、週刊『ロビ2』だ。週刊『ロビ2』では、ロビをサポートするツールロボット「Q-bo(キューボ)」も完成する。組み立てはドライバー1本で初心者の方でも安心に組み立てることができ、組み立てが不安な方には「組み立てサービス(有料)」が用意されている。


robi2-1

週刊『ロビ2』では、週刊『ロビ』の良さを引き継いだ上で、機能面が改善されている。前作の良さである、「簡単に組み立てられる」という点は引き続き踏襲されており、ドライバー一本で組み立てることができる。また、こちらも前作と同様に「ネット接続」は不要だ。

ロビといえばピカチューやチョッパーの声優も務める大谷育江さんの可愛らしい声が魅力的だったが、今回の『ロビ2』でも同じく大谷育江さんが声優を務めている。

そして機能面の向上により、顔認識によって家族の顔と名前を覚えてくれるほか、笑顔を見つけて写真撮影をしてくれたり、相棒のロボット「Q-bo」といっしょに英会話を楽しむこともできる。

見えないコードを読み取る仕組みのQ-boが、ロビに合図を送って遊んだり、絵本を読んだりする。Q-boはバイリンガルのため、正しい発音を人とロビにレッスンしてくれるという。オリジナルの英語教材を使って、英会話を学ぶことができるようだ。
進化したロビは、最初のロビとも一緒に遊べる

Robi_customize_1

パーツをカスタマイズして、自分だけのロビ2にしていくことができる

前作の週刊『ロビ』の時と同様に、マガジンにも力が入れられており、ロビの生みの親である高橋智隆さんが技術者・研究者との対談をしていく「ロボットと科学の未来」と題した企画では、創刊号で映画監督のティム・バートンさんが登場するという。

そのほかにも、「ロボットデザインの裏側」と題して、様々なロボットデザイナーを取材する企画や、ロビが日本全国を旅する「にっぽん全国ロビさんぽ」など、楽しみな企画がいくつか用意されているようだ。

ROT_創刊号表紙
創刊号の表紙のデザイン

創刊号特別価格は799円で、第2号以降は通常価格で1,998円。全80号で、2017年6月6日(火)より毎週火曜日に発売される。

特設ページでは、『ロビ2』の動画を見ることができるほか、定期購読の申し込みを行うこともできる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム