「変なホテル」2店舗目が本日舞浜にオープン! 受付には2体の恐竜ロボット、全客室に「Tapia」

本日3月15日(水)、千葉県・舞浜に変なホテルの第2号館がオープンした。140体のロボットが出迎えるといい、ディズニーランドの近くに、新たなエンタメホテルが出来上がった。変なホテルは2015年に長崎県のハウステンボスに初号棟を開業し、その後はじめてロボットがスタッフとして働いたホテルとしてギネス世界記録にも登録されている。今回新たに開業した変なホテル舞浜 東京ベイのフロントには多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、各客室ではコミュニケーションロボット「Tapia」がお客の滞在をサポートする。

客室数は全100部屋。世界一の効率性を目指す同ホテルでは、7名の人間の従業員が働く。これは同規模のホテルと比較しても、かなり従業員数が少ないのだという。

DSC_0318

フロントでは、2体の恐竜ロボットがお客のチェックイン・チェックアウトを行う。

フロントの恐竜ロボットは、日本語だけでなく、英語・中国語・韓国語の計4ヶ国語に対応している。海外のお客はパスポートをセンサーにかざすだけでチェックインができる。

DSC_0325
ロボットからのアナウンスに沿って音声認識またはタッチパネルを利用しチェックインを進めていくと、ルームキーが自動で用意される。

時折喉をうならせ、くしゃみもする愛嬌ある恐竜ロボットだ。


mji tapia
各部屋に導入されるロボットは、コミュニケーションロボットの「Tapia」。日本のロボットベンチャー「MJI」が開発するロボットで、高さ約25cmの卵型ロボット。見守り機能をもつコミュニケーションが得意なロボットで、本来は家庭用に作られているが、今回は変なホテルへの導入に合わせてカスタマイズされている。


DSC_0329

ロビーには巨大な恐竜の模型も

DSC_0336

韓国発の鯉型ロボット「AIRO」を紹介するH.I.S.の澤田会長

3月中の限定プランとして、1日5組限定で、タカラトミーの「うまれて!ウーモ」がついてくるプランなどが用意されており、今後もお客を楽しませるプランづくりなども行いたいと同社は語っている。

部屋の様子については、この後レポートする。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。