【音声アシスタント開発】アナタの好きなロボットはなんですか?AlexaのSkillを自作してみた!

AlexaのSkillを作ろう!

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー

前回は自作のAlexaを作ってみたので、今回は、Skillを作ってみたいと思います!



前回作った自作のAlexa

Skillは、日本語だと「スキル」と呼びます。技能や腕前という意味です。スマホでいうアプリみたいな感じです。



Alexaのストアには、たくさんのSkillが登録されています。

Alexa Skills Kit(ASK)という、Skillを作成したり、ストアに公開するためのツールがAmazon開発者コンソールに提供されています。コレを使って、Skillを自作してみましょう!




サーバー側のプログラムを作ろう!

Skillを実行するには、サーバー側のプログラムを用意して呼び出すのが一般的です。今回は、サーバー側のプログラムにLamdaを使用します。

LamdaはAWSのサービスの一つで、自前でサーバーを建てなくてもプログラムを実行できるなどの特徴があります。Lambdaには、Skill用の設計図(テンプレート)が用意されています。



設計図の選択で、検索欄にalexaと入れると絞り込みができます。

設計図は、alexa-skills-kit-color-expert-pythonを選びました。Creating an AWS Lambda Function for a Custom Skillというページに、チュートリアルがあるので、参考にしながらすすめます。


チュートリアルは英語ですが、Lambdaの設定自体は日本語なので安心です。



トリガーの設定。なにもしなくてもAlexa対応なのでかんたん!

このあと、関数名などをいれると、自作のSkillを作ることが出来ます。




ASKの設定をしよう!

次に、ASKの設定をします。Amazonの開発者コンソールにログインします。



左側のがAlexa Skills Kit(ASK)

Add a New Skillを押すと、新しいSkillを作成できる

あとは順番に項目を埋めていくだけ!

スキルを起動するための起動フレーズや、発話の内容などを設定します。チュートリアルのとおりにやってみたところ、作成できました!




Skillを有効にしよう!

Skillを使えるかどうか確認しましょう。Alexaの管理画面にログインします。



Skillページの右上のyour skillを押す。

Skillの一覧が出るので、さっき作ったSkillを選択

ENABLEを押すと有効になる

これで、自分の持っているAlexa端末でSkillが使えるようになりました!




Skillを実行してみよう!

実際にSkillを使ってみましょう。今回は、Alexa Skill Testing Toolを使ってみることにします。


▽外部リンク
Alexa Skill Testing Tool

使い方は簡単で、スペースキーを押している間、音声を受け付けます。ログインも出来るので、自分のAmazon開発者コンソールのアカウントでログインすれば、自分が作ったSkillを使うことが出来ます。



consoleをonにすると、通信の内容が見れるので楽しい

実際、ためしてみたところ、自作のSkillを動かすことができました!

わーい。

最後に、今回のSkillを改造して作ったオリジナルのスキルを紹介します!英語がわからなくても大丈夫(?)なので、見てみてくださいねー。字幕も設定してみたので、何言ってるか聞き取れない方は、字幕をONにしてみてください!



Lambdaを使うと簡単にSkillを作成することができました!

こうおもった

Skill簡単に作れてたのしい! もっと簡単に作れそうな Alexa skill builder (beta) とかにも挑戦してみたいと思います! あとは、Skillを販売できたり、Skill内課金とか簡単にできたらいいのになー。ていうか、日本語対応してほしい!

ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム