エボラブルアジア、「シナモン」など小型ホームロボット開発のドーナツ・ロボティクス社への資本参加を発表

アジアでオンライン旅行事業・訪日旅行事業、ITオフショア開発事業や投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジアは、小型ロボットの開発・製造・販売をおこなうドーナツ・ロボティクス株式会社の第三者割当増資を引き受け、資本参加を発表した。出資額は非公表。

ドーナツ・ロボティクス社は、「いくつかの社会問題を解決する」「新たなプラットフォームを創出する」をテーマに、小型ロボットを開発するベンチャー企業。医療補助ツールを目指した初のホームロボットである「シナモン」を開発し、販売を予定している。



シナモンは、高齢者や幼児、ペットの見守り、血圧や血糖値データを転送・管理するなどの遠隔診療、防犯カメラ機能などの機能を備える、ヘルスケア&見守りホームロボットだ。

この資本参画は、2020年までにサービスロボットの市場規模を現在の20倍にする目標が掲げられ、2035年までに現在の6倍以上の9.7兆円規模に拡大すると言われる国内のロボット市場に対しての、同社投資事業の一環での取り組みである。


今後の業務提携内容

1. ロボットソフトウェア(家電コントロールや服薬管理などの機能)について、同社が有するベトナムでのオフショア開発リソースの活用により、ドーナツ・ロボティクス社への事業拡大の支援
2. 民泊をはじめとする訪日旅行事業との連携(宿泊施設内に設置等)
3. 家庭用ロボット内にオリジナルAIを組み込み、当社旅行サイトへの誘導

上記の業務提携内容はいずれも検討中だとしている。

今後も同社とドーナツ・ロボティクス社は、両社の強みを生かし、一層のサービス価値向上を図っていくと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。