【速攻レビュー】アニメの世界から飛び出してきたような動きが凄い!スフィロ新作のアルティメット・ライトニング・マックイーンで遊んでみた!

アニメの世界が現実に!

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー。

7月15日公開の「カーズ/クロスロード」に登場する、ライトニング・マックイーンを再現したスフィロ社の「アルティメット・ライトニング・マックイーン」でさっそく遊んでみました!


開封の儀の様子はこちら新製品お披露目会の様子はこちらをご覧ください。



どんなハードなの?

スマートフォンに繋いで、ラジコンみたいに動かすことが出来るほか、タッチセンサー内蔵でリアクションを楽しむことが出来ます(リアクションはスマートフォンなしでも楽しむことができます)。特筆すべきは、その表現力。アニマトロニクス技術で、ディズニー/ピクサーの映画から飛び出してきたような動きをしますよ!

フロントガラスが台形ディスプレイになっていて目がアニメーションします。あと、口も動きます!

コミカルな動きの秘密! 前輪の左右のサスペンションが独立して動き、身体を大きく揺らします。

走ったらこんな感じ、カッコイイ!

6つのモーターと5つのタッチパネル、台形ディスプレイ、環境センサーによって自動点灯するヘッドライト、内蔵スピーカーを装備しています。


何が出来るの?

アプリを使ってスマートフォンとBluetooth接続することによって、マックイーンをコントロールすることができます。操縦できる距離は、30mまでとのことなので広い場所でも遊べますね!


西田めも

今回は、英語版をためしてみました。日本語版では、アプリが日本語にローカライズされるほか、映画「カーズ」の日本語吹き替え版の声優、土田大さんの声が搭載されるそうです。





iOSとAndroidアプリがありますが、今回はAndroidを使用

ドライブインの画面

DVDやBD、動画など「カーズ」の映画をマックイーンと一緒に見る機能。映画のシーンに合わせてマックイーンがリアクションするので、新鮮な気持ちで鑑賞できます。

マックイーンに演技指導が出来るアクティング・スタジオ

リハーサルを選択すると、フローチャート方式でスクリプトを作成できます。

作成したスクリプトは、パフォーマンスを選択すると左上のボタンから実行できます。

ミニゲームアプリも内蔵。難易度を選びます。

ピットインしてきたレースカーのタイヤやオイルなどをタップして交換したり補充するハラハラ・ドキドキのゲームです。ゲーム中はマックイーンがアドバイスをしてくれます。

さっそく遊んでみたので、動画をご覧ください!


操作が難しい! 広い場所だともっとスピード出せると思います! 走らせてる人はマックイーンの顔が見えないので、走らせてもらうほうが楽しいかも!


こうおもった

とにかく動きがカワイイ! 操作ははじめ難しいですが、だんだん上達するのも楽しいです。 簡単にドリフト走行が出来るのが最高ですね! リアクションもカワイイので、たのしいです。音声認識はついてないので、会話ができないのが残念!




ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。