} 【RoBoHoN開発】ロボホン認定パートナー限定「ロボホンアプリ開発ツール」がリリースされました。 | ロボスタ

【RoBoHoN開発】ロボホン認定パートナー限定「ロボホンアプリ開発ツール」がリリースされました。

「ロボホンアプリ開発ツール」がリリース

開発者向けのアプリケーション「ロボホンアプリ開発ツール」が、リリースされました。これは、ロボホン認定パートナー限定にリリースされたもので従来のSDKでは実現できなかったり、設定に手間がかかる機能を実現したツールになっています。



Photo: SHARP公式ドキュメント

「USB接続中のモーション実行機能」は、従来も配布されていましたが、今回開発ツールに統合されました。開発時にUSBケーブルを差していてもロボホンが動くようになるので便利です。



Photo: SHARP公式ドキュメント

開発者からリクエストの多かった「発話のイントネーション調整」は、Windowsアプリの形式で提供されました。イントネーションを調整しながら、アプリからロボホンを喋らせることが出来ます。


西田めも

長音記号は調整ができないので、長音記号の前の文字を横に伸ばすといい感じになります。たとえば、「ロボットスタート」だったら、「タ」のブロックを横に伸ばすといいです。




Photo: SHARP公式ドキュメント

「発話のエミュレーション」は、ロボホンのセリフを入力して喋らせることが出来るほか、人間がロボホンに話しかける声をテキスト入力でロボホンに伝えることが出来ます。クラウドの音声認識を経由しないでロボホンに言葉を伝えることが出来るのが嬉しいです。

ケーブルを繋いでなくても遠隔操作できるので、開発中だけでなく、人が多くて音声認識が難しいイベントや展示の時などに活用できると思います!


こう思った

こうした開発者向けのツールは、各開発者が個人的に作成したりする場合が多いので、こうしたツールを公式で公開してもらえるのはうれしいですね! このツールを使った、新しいロボホンアプリが登場するのが楽しみです!


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム