診察待ち時間ゼロをめざす「電子カルテとAIが連携」した業界初のクリニック予約アプリ「診察予約ZERO」

患者にとってクリニックに対する不満の上位に”待ち時間”の長さにある。誰もが長時間、院内感染を気にしながら待合室で過ごした経験があるのではないだろうか。

完全無料電子カルテ「カルテZERO」を展開するきりんカルテシステム株式会社は、この不満を解決すべく、クリニックの患者向けに、AIで待ち時間ゼロを目指すクリニックの予約アプリ「診察予約ZERO」をリリースした。

今回のリリースはクリニックでの患者の待ち時間のうち、まず第一弾として「診察での待ち時間をゼロ」をコンセプトとしたもの。患者はアプリ上からクリニックに診察予約をすることができ、リアルタイムで待ち時間の確認もできる。なお、電子カルテとAIが連動した予約アプリは業界初の試みとのことだ(2017年6月26日現在)。

予約の順番をモバイル機器で確認できるクリニックは増えてきたが、このシステムを利用した場合、分刻みで診察予定時間が表示されている。どのようなしくみになっているのか?


「診察予約ZERO」の概要

「診察予約ZERO」は、患者自身がクリニックの予約をする専用のスマホアプリだ。患者がアプリを使ってクリニックを予約すると、自身の診察開始予定時間がアプリ上に表示される。その予定時間にクリニックで受付をすれば、待合室で長時間待つことなく診察を開始できるしくみ。

斬新なのは、アプリ上で表示される予定時間が、患者ごとに診察にかかる時間をAIが個々に予測して算出するため、予測の精度が高いことだ。患者はあと何分後に自身の順番が回ってくるのか、正確かつリアルタイムで確認することが可能となる。AIは同社が展開するクラウド型電子カルテ「カルテZERO」上に蓄積されたデータから学習する。

■アプリ利用時の流れ


同社が提供している電子カルテ「カルテZERO」の予約システムを利用しているクリニックにのみ対応が基本だが、同サービスを利用したいクリニック向けに、予約システムのみの機能も提供を開始した。

アプリはiPhone、Android端末で利用可能。それぞれApp Store、Google Playよりアプリをダウンロードすることで利用できるが、現時点ではAndroid版は「近日中に配信予定」となっている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム