自動運転・ADASに関する技術の展示会「第1回 自動運転EXPO」来年1月開催

国際見本市主催会社であるリード エグジビション ジャパン株式会社は2018年1月17日(水)から3日間、東京ビッグサイトにて「第1回 自動運転EXPO」を「第10回 オートモーティブ ワールド」内で新規開催すると発表した。

毎年1月、東京ビッグサイトにて開催している自動車技術業界 世界最大の「オートモーティブ ワールド」は商談・技術相談のための展示会で、世界中の自動車技術者が来場する。


展示会概要

毎年規模を拡大しており、前回(2017年)は過去最多の960社が出展、34,542名の来場となった。


■ 【第9回 オートモーティブ ワールド】展示会の様子



同展は「自動運転をテーマにした展示会を開催してほしい」との来場者からの多くの要望より、開催が決定したとのこと。

「オートモーティブ ワールド」にて従来から扱っていた「カーエレクトロニクス」「EV・HEV技術」「軽量化技術」「コネクティッドカー」「自動車部品・加工」に、「自動運転」という新たなテーマが加わることにより、自動車メーカー、自動車部品メーカーからも例年以上に高い注目を集めている。

自動運転車をはじめ、センシング/ADAS技術、ダイナミックマップ関連技術、半導体・AIなど自動運転を実現する様々な製品が展示される、次回(2018年)の「第1回 自動運転EXPO」を含めた「オートモーティブ ワールド」は、過去最多の1140社が出展、自動車技術者40,000名が来場する予定だ。

なお、出展を検討している人を対象とした出展説明会(個別形式)が2017年7月19、20日に開催される。

また、名古屋でも2018年9月5日(水)から3日間、「第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO」の開催を予定しているという。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム