【国際モダンホスピタルショウ2017】シャープのホームアシスタントに会いに、infocomのブースにいってきました!

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー。
現在開催中の、国際モダンホスピタルショウ2017に、シャープのホームアシスタントが展示されているということで、取材してきました!



国際モダンホスピタルショウって?

東京の国際展示場で開催されている「国際モダンホスピタルショウ2017」とは、どんなイベントなんでしょうか?

病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示し、最新情報の発信および情報交流の場を提供することにより、健康福祉社会の発展に寄与する。
公式ホームページより引用

ということで、最先端の保健、医療、福祉などに触れ合えるイベントです。今回は、このイベントに出展しているinfocomのブースにお邪魔しました。



infocomのブース

infocomでは、「介護丸ごとIT!」や「認知症ケアサポート」の事業に取り組んでいて、ロボットにも注目しているとのこと。今回は、「認知症ケアサポート」のデバイスとして、シャープのホームアシスタントを展示していました。



ホームアシスタント発見!ロボホンとくらべてもちっちゃい

連携可能なセンサーやタブレット

離れて暮らす家族のスマートフォンと連携しながら、自宅にいる老人を見守る仕組みになっています。スケジュール機能をはじめとした、さまざまな機能を紹介してもらいました。



タブレットに表示されている赤い文字がスケジュール。時間になるとホームアシスタントが喋ります。

センサーと連携した熱中症対策機能。ホームアシスタントも喋ります。

スマホからメッセージを送信できます。ホームアシスタントも喋ります。

こんな感じでテレビ電話も可能。ホームアシスタントは喋りません。

ホームアシスタントがしゃべってくれるので、タブレットの前にいなくても色々なことがわかります!文字を読むのが苦手な人にも分かるので便利そうです。逆に、タブレットの文字は音声を聞き取りにくい人向けに大きく分かりやすいデザインになっていました。

今後は、ホームアシスタントの赤外線リモコン機能の活用も予定しているとのこと。例えば、熱中症対策機能では、温度センサーやエアコンと連携してホームアシスタントが室内の温度をコントロールしたりするようになるとのことでした。

西田めも

ホームアシスタントの首の周り(?)の銀色の部分は特殊な塗装で塗られていて気が付きにくいですが、赤外線リモコンになっているとのこと! 360度、部屋中の電化製品をコントロールできる仕組みになっています!



せっかくなので他のブースも!

せっかくきたので、他のブースのロボットもみてきました! 全部は回りきれてないのですが、紹介したいと思います!



InterSystemsさんのブースでは・・・

ロボホンが商品説明を担当していました!

SHIMADZUさんのブースでPepper発見!

ペッパーが写真を取ってくれて、外部のデジタルサイネージと連携するシステムでした。

NECさんのブース。eみまもり展示のコーナーには・・・。

ロボホン発見!(プロトタイプなのでパソコンの画面は黒塗りにしてます。)

他にも、富士通さんのブースに、ユニボやペッパー、ロボピンが展示されていましたよ! 7/14まで開催しているそうなので、気になる方は足を運んでみてはどうでしょうか?

こうおもった

思わぬところで、ロボットたちが活躍していたのにビックリ! 介護や医療など、コミニュケーションが重要な現場に本格導入される日も近いのかもしれませんね!

ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。