プログラミング学習用ダンボールロボット「embot(エムボット)」、先行体験版が予約開始

本日7⽉19⽇、株式会社インフォディオはプログラミング教育⽤ロボット「embot」の先⾏体験版の購⼊予約を開始したと発表した。価格は送料込みで税込2,980円。

このプロダクトは、ダンボールを⽤いたロボットを⾃由に組み⽴てることで電⼦⼯作やものづくりの基礎を学ぶことができるというもの。そのロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミングを通じて⼦供でも簡単に操作することができます。これまで株式会社NTTドコモにて全国各所で開催した、主に⼩学⽣向けのプログラミング体験セミナーで使⽤した教材をもとに、今回先⾏体験版を限定販売する運びとなった。先⾏体験版は本日から9⽉29⽇(⾦)までの期間限定での販売となる。



embotはダンボールと簡単な電⼦部品からできている。ダンボール製なので、⾃由に切ったり貼ったり、⾊を塗ったりして、⾃分だけのオリジナルロボットを安全に作ることが可能だ。



⽜乳パックやトイレットペーパーの芯など、家にある材料を組み合わせれば、ロボット以外のものもつくることができるなど、⾝の回りにあるものを使ってプログラミングを⾃由に楽しむことができるのだという。


embotの特徴(公式ページより)

embotアプリではパソコンを使わず、タブレットやスマートフォンでかわいいパーツをつなげて直感的にプログラミングが⾏えるビジュアル・プログラミングを採用。画⾯は⼤きく2種類で、プログラミングの全体の流れをつくるフローチャート画⾯と、プログラミングの詳細をつくる逐次処理画⾯がある。プログラミングに⽋かせない”if”や”for”はフローチャート画⾯で簡単に作ることができるという。逐次処理画⾯ではソースコードの表⽰や”引数”を設定することができ、実践的なプログラミングスキルを学ぶことができる。これらの機能はレベルに合わせて適切に出てくるようになっており、段階的にプログラミングを学んでいくことが可能だという。

先行体験版の購入予約は以下のページから行うことができる。

2020年の小学校でのプログラミング教育必修化に伴い、このようなロボットを活用したプログラミング学習はさらに大きな注目を集めていくことだろう。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム