CEATEC JAPAN 2017で「あのパナソニックのロボット」が展示決定、名前は「cocotto(ココット)」

パナソニックは、10月3日から6日まで開催される「CEATEC JAPAN 2017」に出展する。同社は本日、展示内容を発表した

いくつかの見所はあるが、中でも注目は先日のIFAで発表された「ボール型ロボット」だろう。

同社の展示は、大きく3つの展示に分かれている。「暮らしに新しいUX(User Experience)をもたらす:Smart Life Experience」「デバイス群をコネクトして生み出す新しいソリューション:Smart Connected Solution」「最新鋭の技術・デバイス:Technology」の3つだ。

その中の「Smart Life Experience」の中に、このパナソニックのロボットはある。名前は幼児向けソーシャルロボット「cocotto」で、「動く・話す・繋がる」で幼児の感性を育む幼児向け球型ソーシャルロボットと説明されている。

先日公開された動画では、特に移動の機構について、詳細にはわからなかった。今回の展示でそれを確かめることができるだろう。

同ロボットの他にも、離床アシストロボットリショーネPlusにバイタルセンサを搭載しIoT化させた「リショーネX」や、IoT関連の技術が多数紹介される模様だ。

CEATECは10月3日〜6日の4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催される。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム