「Google Home Mini」ウォルマートでフライング掲載、「Google Homeアプリ」も日本語対応完了

「Google Home」の小型廉価版「Google Home Mini」、リーク画像が流出。価格は49ドル?でお伝えしていた、新デバイスがWalmartでリーク掲載されたと話題になっている。

また今月上旬に発表されるというGoogle Home日本語版に向けてスマホ向けアプリのアップデートも進んでいるので紹介する。




Google Home Mini



Photo: Walmart

実際、今は見えなくなっており、正式発表後にまた掲載されるものと考えられる。



Photo: Walmart

気になる外見、価格が49ドルであることなど、以前のリークされた情報と同じだ。

筐体サイズが4.53 x 4.53 x 4.72インチ、側面にスイッチがあるというのは、今回明らかになった新情報。写真で見る限り電源ポートはMicro-USBのようだ。




Google Homeアプリも一新



Photo: Walmart

数日前からGoogle Homeアプリ(Android / iOS)もアップデートされており、V2.5からは日本語に完全に対応している。

これで、Google Homeの日本対応の準備は完全に整った状態だ。

なお日本では「OK, Google」だけでなく、「ねぇ、Google」でも反応する。


僕はこう思った:

明日にも正式発表だと思います。日本語版のGoogle Home Miniがいきなり購入できることを期待しています。




ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム