アメリカの百貨店「KOHL’S」が一部店舗でAmazon Echoの販売開始!

2017年9月6日に、アメリカの百貨店「Kohl’s」が店舗内にAmazonと共同で「Amazon Smart Home Experience」をオープンするという発表があった。そこから1ヶ月ちょっと過ぎた10月18日、実際にオープンされたので店舗の様子を紹介したい。




Photo: Kohl’s

対象となったKohl’sは10店舗。その店舗の中に”ストアインストア”のコンセプトで「Amazon Smart Home Experience」が設置される。

このストア内でAmazon Echoファミリー、Amazon Fire、また対応IoTデバイスなどが展示販売されるものだ。



Photo: Kohl’s

このKohl’sとAmazonと取り組みはWin-Winの関係になるだろう。

Amazon Echoを欲しがる買い物客がりKohl’sの店舗に集まることになる。そして、AmazonはリアルのAmazon Echoを見て試せる売り場を手に入れることになる。


「Amazon Smart Home Experience」の紹介動画も公開されている。チーフマーチャンダイジング&カスタマーオフィサーがこのストアの意義や戦略を語っている。

競合他社含め今後リアル店舗での販売競争が加熱しそうだ。


僕はこう思った:

日本でのAmazonの取り組みはどうなるのか・・・またニュースがあればお伝えしていきます。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム