【トランスフォーマー】「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」が届いたので開封してみた!【auTF】

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー。

au×TRANSFORMERS PROJECの商品、「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」が編集部に届いたので、開封してみました!


au×TRANSFORMERS PROJECTとは?




まずは、「au×TRANSFORMERS PROJECT」についておさらいしてみましょう。

ハリウッド実写映画化10周年を迎える「トランスフォーマー」とau design project15周年を迎える「au」がコラボレーション。
auとタカラトミーが共同開発した携帯電話型変形玩具が誕生!
au design project「INFOBAR」のデザインである携帯モードからロボットモードに完全変形!
トランスフォーマーファンも、INFOBARファンも必見!






というわけで、2003年から人気を博している、auの「INFOBAR」シリーズの初代モデルである「NISHIKIGOI」が、トランスフォーマーとして販売されることになったのです!


西田めも

ロボットスタートが移転して、申込時とは住所が変わった関係で、受取に時間がかかってしまいました。


早速開封!

それでは、早速開封してみましょう!



箱の時点でワクワクする!

中身はこんな感じ! カードみたいなのは、モニターの差し替え用

変形が結構難しい! 手に持った感じはINFOBARっぽい(うろおぼえ)

だいぶ出来てきた。 細かいギミックが詰まってて楽しい。

トランスフォーム完了! カッコイイ!

ちなみに、新開発のBluetoothユニットを内蔵していて、電池を入れるとスマホの着信に合わせて光らせることが出来るようです! (ためしてない)


キャンペーン開始!






「au×TRANSFORMERS PROJECT 僕がauTFを一番うまく撮れるんだ!キャンぺーン」が公式ページで開催されています。ハッシュタグ「#auTF僕の写真を見てくれ」で、みることが出来ますよ!

こうおもった

携帯モードは、本物のINFOBARと同じ感じ! 逆にモックっぽくて安く見えるっていう・・・。遊び心のある大人のおもちゃだと思いました!

ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム