子供向けスキルコンテスト「Alexa Skills Challenge: Kids」開催!

Amazon Echo向けのAlexaスキルは25,000を超えるほど凄まじい勢いで盛り上がっており、このスキルが多いことが競合他社と最も大きな違いになっている。最近では、Amazonはスキルの数から質にフォーカスしてきており、「大学生諸君!Amazon Alexaのゲームスキルを作って賞金をゲットしよう!」でもお伝えしたが、賞金を払ってでも優秀なスキルの登場を促している。

今回は子供向けスキルのコンテストを紹介したい。




Alexa Skills Challenge: Kids



Photo: Devpost – Amazon

Alexa Skills Challenge:Kidsは、名前の通り子供向けスキルのスキルコンテスト。

評価ポイントは、アイデアの質・創造性・独創性はもちろん、子どもたちが学び、楽しみ、取り組みたくなるものであることなどが挙げられている。

大賞は20,000ドル、ファイナリスト賞5,000ドル、参加賞1,000人にEcho Dot、他にもEcho Show向けスキルに5,000ドルなど様々な賞が用意されており、賞金総額25万ドルという豪華さだ。

2018年1月10日午後5時が応募期限。入賞作品は発表される予定なのでまた改めて紹介したい。


僕はこう思った:

Amazonのこういった動きを見ていると、期待のスキルジャンルはゲーム、子供向けであることがよくわかりますね。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム