好みの声でコミュニケーション!オンキヨーが東芝のAI「RECAIUS(リカイアス)」を活用した音声アプリを東京モーターショーで参考出品!スマートスピーカーへの展開も視野に

オンキヨー株式会社は、2017年11月5日まで開催される「第45回東京モーターショー2017」の主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」内、SDコーナーにおいて、音声アプリケーション「Onkyoアプリ」(仮称)を参考出品し、さまざまな音声によるテキストの読み上げを体験できるコーナーを設けている。

▼「TOKYO CONNECTED LAB 2017」概要

会場 東京ビッグサイト (西4ホール) ※「第45回東京モーターショー2017」内
期間 平成29年10月27日から平成29年11月5日まで
入場料 無料 (但し、東京モーターショー入場券が必要)
主催 一般社団法人 日本自動車工業会




「Onkyoアプリ」とは

東芝デジタルソリューションズ株式会社が提供するコミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」の音声合成技術と当社の音声の入出力に関する技術を組み合わせて開発された音声アプリケーション。AIコミュニケーションをユーザー自身のためだけの好みの声で実現して、AI利用の楽しさ、ユニークさを提案し、今後はAI対応スマートスピーカーなどのデバイスに展開していく予定だ。



東芝コミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」

音声や映像から人の意図を理解しビジネスと生活の安心・快適な活動をサポートするサービス。東芝が長年にわたり研究開発してきた、音声認識、音声合成、翻訳、対話、意図理解、画像認識(顔・人物画像認識)などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し体系化した。

■ 東芝コミュニケーションAI RECAIUS(リカイアス) コンセプト

RECAIUS(リカイアス)ホームページ
http://www.toshiba.co.jp/recaius/



今後の展開

同社は本年夏に、同社はスマートフォンと車を連携させ、スマートフォンアプリを車載ディスプレイでの操作を可能とするスマートデバイスリンク(SDL)を管理する非営利団体「スマートデバイスリンクコンソーシアム」(トヨタ自動車株式会社と米フォード・モーターが中心となって立ち上げた団体)に加盟した。

今後はスマートスピーカーのSDL対応や、モビリティ業界で音に関する技術に基づく製品づくりに取り組む中でも、この「Onkyoアプリ」を同社ならではの付加価値として提案し、従来のオーディオ市場のみならず、クルマとスマートデバイスがつながる環境のような新規の分野においても、新しい音の楽しみ方を提案していくと述べている。

関連サイト
オンキヨー株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム