本国で新型Amazon Echo(第2世代)とAmazon Echo Plusが出荷開始!

[速報] Amazon Echoが新型にモデルチェンジ!さらに新機種Echo Plus、Echo Spotも登場!でお伝えしたAmazon Echoファミリーに動きがあったのでお伝えする。




出荷開始された新デバイス

Amazonの新製品発表で登場した新型Echo(第二世代)とEcho Plusがついに出荷開始となった。



Amazon Echo 2nd Generation

Photo: Amazon

Amazon Echo 2nd Generationは99.99〜119.99ドル(素材によって価格は異なる)で販売中だ。



Amazon Echo Plus

Photo: Amazon
外部リンク
Amazon / Amazon Echo Plus

第一世代Echoに似た筐体の「Amazon Echo Plus」も149.99ドルで販売中となった。なお「Echo Plus + Philips Hue bulb included」を選んでも価格は変わらないのでこちらを選ぶべきだ。




まだ出荷されていない新デバイスは・・・?

一方、新製品発表はされたものの、まだ出荷となっていないものもある。



Amazon Echo Spot

Photo: Amazon
外部リンク
Amazon / Amazon Echo Spot

小型のディスプレイ搭載で注目のAmazon Echo Spotは12月18日リリース予定となっている。価格は129.99ドルだ。



Echo Connect

Photo: Amazon
外部リンク
Amazon / Echo Connect

またAmazon Echoを電話機に変える周辺機器、Echo Connectは12月13日リリース予定となっている。価格は34.99ドル。


僕はこう思った:

ちなみに、Alexa GadgetsのEcho Buttonsは時期未定、Amazon Echo Lookは招待者のみとなっています。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム