音声アシスタント対応のイヤホン「Bose SoundSport Free wireless headphones」登場

BOSE初の完全ワイヤレスインイヤーヘッドホンが登場した。これはGoogleアシスタント搭載ヘッドホン「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II」に続いて音声アシスタントに対応したイヤホンということで注目だ。




Bose SoundSport Free wireless headphones

ケーブルを排除した完全ワイヤレスタイプのイヤホンだ。運動中、トレーニング中での利用も考慮した設計になっており、外れにくく、また防滴仕様となっているのが特徴だ。

そしてマルチファンクションボタンを1秒間長押しすると、対応しているモバイル端末であれば音声認識機能が起動する。具体的にはGoogle Assistant、Apple Siriに対応している。


Photo: Bose

価格は米国で249.95ドル、日本で29,160円だ。

16,800円のAirPods、159ドルのGoogle Pixel Budsに比べて価格は高いが、防滴・高音質に拘るるなら選択肢の一つになるだろう。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。