LINEキャラクター型スマートスピーカー「Clova Friends」が12月8日より予約販売開始!

AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー第2弾「Clova Friends」が国内向けに発表された。もともと9月28日に開催された「LINE DEVELOPER DAY 2017」では「CHAMP」と呼ばれていた製品だが、今回名前を変えて、明日より予約販売開始となる。




Clova Friends

見ての通り、LINEの人気キャラクター「ブラウン」と「サリー」のかたちをしたスマートスピーカーだ。

Photo: LINE

バッテリー内蔵で片手で持ち運べる大きさと、キュートな見た目がポイントとなっている。

Photo: LINE

鼻/くちばしを1度押すと一時停止し、長押しすると「Clova」と声をかけた状態と同じになるというのも新しい機能だ。ボディ背面にはマイクオフや音量の調整に加え、Bluetoothペアリングのボタンが設置されている。

価格は、どちらも税込み8,640円。ただし2018年3月31日まで期間限定商品として、「Clova Friends + LINE MUSIC セット」が税込み6,750円となっている。




僕はこう思った:

入手次第、レポートします!お楽しみに!


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Clova

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。