アマゾンのAlexaとマイクロソフトのCortanaの相互連携、2017年内予定が実現できず

2017年内にAmazon AlexaとMicrosoft Cortanaが年内にも相互連携を行うと発表していた2社。しかし2018年の現時点でも結局相互連携が実現できていない。


海外メディアによればAmazonとMicrosoftの両方に確認したところ、遅延の理由は説明せず、近い将来にこの機能が展開されるとコメントしたにとどまっているという。

AlexaからCortanaを、CortanaからAlexaを呼び出せるようになる機能は、どちらのユーザーにとっても楽しみにしていたものだ。AlexaにはCortanaがもつビジネス用の機能へのアクセスが可能になり、一方CortanaからはAmazon.comへの商品の注文だけでなく「Alexa」がもつ2万5千以上もの「スキル」にアクセスできるようになる。頓挫しているわけではなく、遅延しているようなので、引き続き朗報を待ちたい。



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。