Amazon「Alexa Mobile Accessory Kit」発表、Alexaとモバイルデバイスの統合を容易に

2018年1月5日、Amazonが自社ブログにて「Alexa Mobile Accessory Kit」を発表した。



Alexa Mobile Accessory Kitとは?

Alexa Mobile Accessory Kitは、ヒアラブルデバイス、ヘッドホン、スマートウオッチ、フィットネス機器などのポータブルなモバイルデバイスにAlexaを搭載するためのキット。このキットによりデバイスメーカーはAlexaの統合のために大量のコードを書く手間を最小限にできるという。

以前お伝えした「AmazonがAlexa対応ハードウェアの開発用に「AVS(Alexa Voice Service) Device SDK」をリリース!」をよりモバイルデバイス向けに特化させたキットでもある。

このAlexa Mobile Accessory Kitを使って構築されたBluetoothオーディオ対応モバイルデバイスは、AmazonのAlexa App(AndroidおよびiOS向け)を介して、ユーザーのモバイルデバイス上のAlexa Voice Service (AVS)に直接接続できるのがポイントだ。

既に、いくつかのデバイスメーカーは既にAlexa Mobile Accessory Kitを使ってデバイスを開発中で、Bose、Jabra、iHome、Beyerdynamic、Bowers & Wilkins、Linkplay、SUGR、Libre Wirelessなどが今年対応デバイスをリリースするメーカーとして名前が挙がっている。


Alexa Mobile Accessory Kitは今年後半から利用可能に

Alexa Mobile Accessory Kitの利用は現在、限られた開発者向けのプレビューとなっている。今年の後半に一般公開予定で、その時に通知を受けるためのフォームが用意されている。

興味のある方は「Amazon Alexa Mobile Accessories Kit Request Form」からリクエストをしておこう。


僕はこう思った:

今年は音声アシスタント搭載のイヤホン・ヘッドホンがたくさん登場しそうですね。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム