ソフトバンク、ハイアールと「Pepper」の共同開発へ ハイアールの「U+OS」と連携

ソフトバンクロボティクスグループ株式会社は、ハイアール・グループの世界No.1の白物家電メーカーブランドである「青島ハイアール」と、IoT を活用して家電などを連携させるハイアールの「スマートホーム」などにおける、人型ロボット「Pepper」をはじめとするサービスロボットの活用に向けて、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

両社は、「スマートホーム」や、ハイアールが中国で展開していく「スマートストア」で活用することを目的に、ハイアールが開発・提供する「U+OS」との連携が可能なPepperの開発を共同で進める予定だという。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム