「テレビは声で楽しもう」東芝4Kレグザ、Google Homeから操作可能に

東芝映像ソリューションは、4Kレグザ(X910、Z810X、BZ710X、M510X、C310Xシリーズ)を「Google Home」などのGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカーによる音声操作に対応することを発表した。本日からバージョンアップを開始するといい、ソフトウェアは無償ダウンロードできる。

この対応により、たとえば「OK,Google、レグザを使って1チャンネルが見たい」とスマートスピーカーに話しかけてチャンネルを変更したり、音量の調整や入力切り換えをしたり、録画番組を始めから見る「始めにジャンプ」を行うなど、スマートスピーカーを使ってテレビのさまざまな操作が行えるようになるという。

設定はレグザ側で連携コードを確認し、スマートスピーカー側でこの連携コードを入力することで使用できるようになる。流れは以下の通りだ。

まずレグザで、「みるコレ」の画面から「クラウド設定」> 「スマートスピーカー連携設定」> 「スマートスピーカー連携」を選び、スマートスピーカー用連携コード(8桁)を表示する。

そしてGoogle Homeアプリをスマホで開いた状態で、Google HomeなどのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカーに向かって「レグザにつないで」と話しかける。すると「レグザとリンク」画面がスマホアプリ側に表示され、そこにレグザ側で表示した連携コードを入力するという流れだ。

ぜひお手持ちのデバイスで試してみて欲しい。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。