AI搭載マンションが分譲開始、価格は7千万から 100個以上のセンサーで行動を学習

株式会社インヴァランスは、2018年4月23日、自社開発マンションの「LUXUDEAR 芝公園(ラグディア シバコウエン)」に、米国のベンチャー企業Brain of Things Inc.(ブレイン オブ シングス)と共同開発した日本向けのスマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」を導入し、AI搭載マンションを分譲開始したことを発表した。



スマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」とは

CASPARは、スマートホームAIだ。このAIの特徴は「スーパーセンサー」と呼ばれる約100個以上のセンサーを使って使用者の行動を学習・分析し、居住者の暮らしをサポートしていくという点。センサーには、主にスマートスピーカー、6in1センサー、ビジュアルセンサーの計3つを使い、0.05秒ごとにCASPAR.AIがセンシングデータを収集。居住者の行動をディープラーニングする。これにより、住居内での居住者の行動、習慣、嗜好を把握した上で、照明、カーテン、エアコンを自動で制御し、居住者の快適な生活環境をCASPARが作り出す。


CASPAR紹介動画




AI搭載のLUXUDEAR 芝公園の物件情報

このAIが搭載されている物件はLUXUDEAR 芝公園の全43戸のうち、2LDK 3戸のみ。同マンションは、芝公園駅から徒歩5分程度の場所にある。AI搭載物件の価格は6,980万円から。




物件概要

名称LUXUDEAR 芝公園 (ラグディア シバコウエン)
所在地東京都港区芝2丁目
交通都営三田線「芝公園」駅徒歩5分、都営浅草線・三田線「三田」駅徒歩7分、
都営浅草線・大江戸線「大門」駅徒歩8分、JR山手線・京浜東北線、
東京モノレール「浜松町」駅徒歩9分
構造・規模鉄筋コンクリート造地上13階建て
総戸数 43戸(1R:20戸、1K:20戸、2LDK:3戸)管理室1戸除く
入居開始予定日平成30年3月上旬(1R、1Kタイプ)、平成30年5月下旬(2LDKタイプ)
価格 約7千万

関連サイト
AI搭載物件



また同社が開発したIoTアプリ「alyssa.(アリッサ)」は、LUXUDEAR 芝公園の全43戸すべてで使用することができるという。これは、室内でも外出先からでも、スマートフォンから、照明、エアコン、給湯器、床暖房、玄関の鍵を操作できるアプリだ。



今後AIやIoTが導入されることで、居住者はどんどん便利な生活を送るようになるだろう。こういった物件も当たり前のものになっていくはずだ。


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム