2018年06月01日 ロボット業界ニュースヘッドライン

本日のロボット業界ニュースヘッドラインをお届けします。


「ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)スキル標準」に準拠したテキストを作成しました (METI/経済産業省)


AI関連スタートアップ2社に出資、NTTドコモ系  :日本経済新聞


【夏休み2018】埼玉大、ロボットや宇宙エレベーター作り…7・8月キャンプ | リセマム


殴る!蹴る!戦うために生まれたバトリング・ロボット『Super Anthony』のイイ動きにむせるぜ | d.365(ディードットサンロクゴ)


丸紅が電力小売りにAI活用 日立製作所が協力  :日本経済新聞


世界最高の評価額をつけるAIスタートアップである中国のSenseTimeが、6億2000万ドルの追加ラウンドを完了 | TechCrunch Japan


AIが好みの日本酒を選ぶ? 不思議なBAR YUMMY SAKEを体験。ユニークなシステムと高精度に驚き – Engadget 日本版


京都)ヒト型ロボットで観光案内 京阪バスなど実証実験:朝日新聞デジタル


AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか – ZDNet Japan


「4カ国語話せます」案内ロボット実証実験公開 すみだ北斎美術館  – 産経ニュース


ノルウェー、実はIoT先進国 現場リポート  編集委員 関口和一 :日本経済新聞


インフラ点検ロボの評価方法を確立、開発を後押し | 日経 xTECH(クロステック)


顧客を創出 「AIファースト」の衝撃|出世ナビ|NIKKEI STYLE


欧米とは真逆な日本の「ロボット観」が生産性革命で見直される理由 | 長内 厚のエレキの深層 | ダイヤモンド・オンライン


災害対応用ドローン寄贈 秦野ライオンズが市長訪問 | 秦野 | タウンニュース


ロボットアームで取り出し 東電、工法の検討案公表 | 県内ニュース | 福島民報


ユニバーサルロボットが無料Eラーニングを提供、協働ロボットSIヤーの育成も – MONOist(モノイスト)


協調しながら最適な動作を実行する建築施工ロボットを発表 – MONOist(モノイスト)


人とマシンの協業を高次元で実現するIoT向けアプリ開発プラットフォーム:キヤノンITS VANTIQ – TechFactory


人の腕のように動く筋肉ロボット 東大が開発、生体と融合する義手目指す – ITmedia NEWS


AIが「市民」になる時代へ–ビジネスに創造的破壊をもたらす5つの技術トレンド – ZDNet Japan


AIロボットの真価  :日本経済新聞


NTTのAIは音で空間にあるモノの種類や位置を把握 – ライブドアニュース


AIでラストワンマイルの配送ルートを最適化、名古屋大発のオプティマインドが数億円を調達 | TechCrunch Japan


ニュース:オープンストリームとトッパンフォームズ、AI画像解析技術活用で提携|PJ web news【印刷ジャーナル】


ジェネラルビジョン社とAI技術の共同開発、専門人材育成で基本合意 | 経済 – 株探ニュース


人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、第三者割当増資及び融資により約9億円の資金調達を実施|シナモンのプレスリリース


エプソン、可搬質量6kgのロボット2機種 | 日経 xTECH(クロステック)


ロボレストラン1000店 中国・京東集団、20年まで :日本経済新聞


協働型ロボ、受注拡大 大豊産業 安全柵不要 導入しやすく :日本経済新聞


人手不足を商機に 津田駒、ロボ導入を包括受注 キタムラ、無人運転可能な機械  :日本経済新聞


AI活用 価格日替わりに マリノスのチケット、天候などで :日本経済新聞


「日本はAIへの関心が世界的に見ても非常に高い」エヌビディア大崎氏 (1/2) – MONOist(モノイスト)


FRONTEOが続伸、AIエンジン「KIBIT」が新入社員の離職率減少に効果◇ 投稿日時: 2018/06/01 10:17[minkabuPRESS] – みんなの株式 (みんかぶ)


GoogleのAI技術、軍事利用はどこまで許す? 独自の倫理指針を策定へ – Engadget 日本版


人型AIロボットも登場 北京で国際サービス貿易交易会 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News


ロボットによる自動化に反対して5万人の労働者がストライキへ – GIGAZINE

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム