米国アマゾン、Alexa搭載のFire TV Cubeを出荷開始!Amazon Echoとの違いは?

2018年6月20日、Amazonが米国でFire TV Cubeの出荷を開始した。4K Ultra HDストリーミングプレイヤーにAmazon Alexaを統合したデバイスで、6月8日より予約開始となった注目の新製品だ。


Fire TV Cube

Fire TV Cubeについて、一応概要をおさらいしておこう。



Fire TVとして50万以上のビデオコンテンツが楽しめるデバイスに、Alexaを搭載したことで数万あるスキルが使える。Alexa経由で音声で、TVの電源を入れて、チャンネル変更、ボリューム変更、そしてAmazon Prime Videoの再生などが指示するできる。Amazon Prime会員にとっては今最も魅力的なデバイスだと思う。

Fire TV Cubeの価格は119.99ドル。(日本円でおよそ13,200円)。Fire TV CubeとAmazon Cloud Camとセットは通常239.98ドルのところ、40ドル・17%OFFの199.98ドルとなっている。

なおHDMIケーブルは別売りなので持っていない場合は別途購入する必要がある。



Fire TV CubeとEchoとの違い

Fire TVにAlexaを搭載したことでAmazon Echoと違う動きをする場合があるのには注意が必要だ。


Fire TV Cubeの音声制御については、Alexaカスタムスキルに似た名前のFire TVアプリがある場合、Fire TVアプリが優先されて起動する。Alexaカスタムスキルを起動させる場合には呼び出しの最後に「Skill」という発話を追加する必要があるのだ。ここがAmazon Echoとの違いとなる。

■Alexaカスタムスキルに似たFire TVアプリが存在する場合
 Alexa, open CNN
  → CNNのFire TVアプリが起動する。
 Alexa, open CNN Skill
  → 末尾に「Skill」とついているのでFire TVアプリではなく、
   CNNのAlexaカスタムスキルが起動する。

■通常の場合(Amazon Echoと同じ動作)
 Alexa, play Jeopardy!
  → Alexaカスタムスキル「Jeopardy」が起動する。
 Alexa, play my flash briefing
  → Alexaフラッシュブリーフィングスキルが起動する。
 Alexa, show the front door
  → Alexaスマートホームスキルが起動する。

このルールを知らないとAlexaスキルが起動できないことがあるかもしれない。


僕はこう思った:

はやくFire TV Cubeの日本語版が欲しいですね!




関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム